目の周りの脂肪、眼窩脂肪(がんかしぼう)とは?

目玉(眼球)の周りを包み込むトロトロの眼窩脂肪

眼窩の解剖
眼窩の解剖 スネル解剖学より

眼球とその周りの筋肉や神経が描かれています。眼球はソケットに収まった電球のようですが、電球のように周りが空気ということはありません。そこを眼窩脂肪が埋めているのです。

眼窩脂肪の機能

眼球を守るクッションになり、また外眼筋の働きをスムーズにし、外眼筋への栄養を提供(と言われている)し、眼球外眼筋の保温機能(熱産生)もある(仮説)、という役割があります。

一方で、そのボリュームが目周りの見かけに強く影響します。有り余っているとまぶたがぽよよんと厚ぼったくなるし、少ないとやつれて窪んだ印象(SUNKEN EYE)になります。

見た目の改善を期待して手術中に眼窩脂肪を減量することもあります。下まぶたのたるみ(目の下の脂肪)に関しては他所に沢山記事があるからそちらを参照してくださいね。

眼瞼下垂症手術と眼窩脂肪

眼瞼下垂の手術の時に眼窩脂肪が顔を出してきます。ちょうど眼瞼挙筋の上に乗っかっているのです。

眼瞼下垂手術の時の眼窩脂肪の写真
眼窩脂肪はこう見える
眼瞼下垂手術断面イラスト
上の写真を断面イラストにするとこんな感じ

隔膜を小さく切り開くとプリッと眼窩脂肪がはみ出してくるので、眼窩脂肪の収まっているスペースはいささか陽圧気味なのでしょうか?

可動性に富み、見た目はみずみずしく艶やかで、トゥルトゥルしている「ジュンサイ」のようです。

写真は隔膜を開いて、挙筋腱膜(固定済み)を露出したシーンです。眼窩脂肪が有り余っているヒトは挙筋腱膜前までかぶってきます。この眼窩脂肪を上に避けると眼瞼挙筋の筋体が見えます。

ちなみに、もともとひとえの人は挙筋腱膜前面まで降りてきていますが、幅広二重のひとは奥に引っ込んでいることが多いです。

外科医の視点

この組織は術後も癒着を起こしにくいので、再手術の際の目印にもなります。まぶたの厚ぼったさを解消する目的で部分切除することもあります。(注意:まぶたの厚ぼったさは、皮膚・眼輪筋・隔膜前脂肪・ROOFの影響もあります)

加齢に伴って上まぶたの脂肪が減り、落ちくぼんできます。したがって若い時に脂肪を取りすぎるのはリスクがあります。

 

一方、下まぶたの膨らみが加齢に伴って強くなってきます。これは眼窩脂肪がはみ出してくる現象。

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG