眼瞼下垂治療の普及




金沢です。

今日もマブタネタを。

世界に先駆けて日本から始まった眼瞼下垂症手術ー不定愁訴の原因とマブタの関連

今から遡ること15年前、中部東海地区で形成外科医たちが眼瞼下垂症手術を受けだしました(やり出したのではないです)。
事の発端は、信州大学形成外科学教室で眼瞼下垂治療で肩こり頭痛や疲れやすさが改善することを生理学的に追究し始めたことにはじまります。
ミュラー筋伸展受容器、三叉神経中脳路核、青斑核、pseudo-monosynaptic-reflex………難解な医学用語に多くの医師はついて行けず、全国学会ではその研究を認める医師は少数派でした。
中部地区の形成外科医は眼瞼下垂症手術の効果を目の当たりにしたために普及が先走ったわけです。私もそのとき中部地区にいたため、眼瞼下垂症手術に没入することになりました。
ここ4,5年で全国の形成外科医師に認められはじめ、全国学会では眼瞼のセッションが立ち見になるくらいの活況を呈するほどになり、隔世の感があります。

CTA画像

眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”も含めて、より一層踏み込んで解説します。

また、担当医(執刀医)選びを誤ったら全てが台無しになります。間違いのない担当医の選び方を伝授します。

無料メール講座

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

セルフチェック。所要時間3分です。
最新情報をチェックしよう!