雑記:和田アキ子さんの眼瞼下垂手術は失敗?

ゴールを失敗?

手術の失敗とは?

患者さん側からみる「失敗」とは「満足いく結果が得られない」ということ。

しかしながら「手術を失敗された」と医療機関に訴えると、ミスをしていない医師は「それは違う」と言うでしょう。

しかし、結果がでなければ「失敗」ですよね。富士登頂に挑んで、ミスなくベストを尽くせても「登頂失敗」はあるでしょうし、アラスカにオーロラを見に行っても「失敗」に終わることもあるでしょう。ロケット打ち上げ失敗もあるし・・・

うーん。

そう言う意味では「手術の失敗」と言う表現はありです。

しかしながら、医療者が恐れているのは「失敗だから保障せよ。返金せよ」と迫られることです。

果たして「返金」などの保障がなされるべきでしょうか?

富士登頂に失敗したらそのプロジェクトチームリーダーは参加者に参加費を返金するでしょうか?アラスカツアーを企画した旅行会社は返金するでしょうか?

ミスがあれば応分の保障をすべきかもしれません。しかしベストを尽くしても結果がでない場合もあります。

「抗菌薬を投与されたらアレルギー反応がでた」

結果的には不幸なことが起きてしまいましたが、一定割合でおこることであり、失敗とは言いません。

「がんの手術をしたが、4年後に再発した」

これも残念な結果ですが、手術失敗とは言いません。「あの時の手術代金を返金しましょう」と言うことはないですよね。

だから和田アキ子さんの眼瞼下垂手術も「失敗」と表現したくないと言うのが医療者の思い。手術の時点でベストを尽くしているからです。ミスをしていないからです。

(もしくは、まだ変化する途中であり、「失敗」と片付けるには時期尚早であるとも言えます。)

ちなみに、医療ミスとは、

  • 左右を取り違える
  • 的外れな、余計なことをした
  • 薬剤をとり違えた
  • 薬剤の分量の計算を間違えた

などです。これらによって後遺症が生じたら相応の保障がされてもいいでしょう。

一方、「手術合併症」と言う表現があります。これも医療ミスではなく、一定割合で起こる不可避の症状、病気です。

  • 術後出血
  • 創部感染
  • 傷がひきつれたり、ケロイドになる
  • 神経障害
  • 治癒の遷延
  • 筋肉の萎縮
  • 異物反応

患者さんは生の人間である以上、医療行為には少なからずリスクが伴います。ベストが尽くされても一定割合で生じるのです。振り出しに戻せないこともあります。

とは言え、、、

 

「失敗」と言う表現はしたくない。けど、、、しかしながらそのような不幸な事実を医療関係者は真摯に受け止める必要はあります。

さもないと進歩がないからです。

さもないと不幸な結果になった患者さんは報われないのです。

 

「和田アキ子さんの眼瞼下垂手術は、ベストを尽くしたが失敗に終わった」と言う表現がふさわしいでしょうか?

あなたはどう思いますか?

 

ゴールを失敗?
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG