熟練した外科医とは?ひとつは「フレームレート」だと気づいた

手術が上手とは?熟練しているとは?

手術を受けるなら熟練した外科医にお願いしたいですよね。

一方、外科医だって手術が上手になりたい。経験を積むごとに手術手技が洗練されていく外科医師。

熟練度とは?一体何が違うのか?経験が必要なのはわかりますが、経験によって何が培われるのでしょうか?
段取り?知識?センス?
「0.1秒で行われる動作を、自分の中では100コマのスローで再生できる。その中の3コマの動作を意識するみたいなトレーニングをして、それを100コマの連続動作でスムーズな動きに変えていく、そして通常再生の速度に戻す」

『マラソンセンスとランニングIQ』 細野史晃著(Amazonリンク)の中で射撃の選手の話として引用されていました。

このフレーズで降臨しました。1つの回答が。
この表現、動画で例えると、「フレームレート(fps)が大きい」ということです。1秒あたりの画像の枚数が多いと動きが滑らかになりますね。これをスロー再生すると1秒あたりの画像が少なくなるのでカクカクした動きに見えます。だからスロー再生で滑らかに見るためにはハイスピードカメラで撮影するんですね。120fps〜1000fpsとか。。

 

つまり熟練した外科医の持つもの、その回答の1つが「フレームレート」だと気づいたのです。「解像度」という表現でもいいかもしれません。
例えばまぶたの手術をするにしても、狙ったポイント直前までメスやハサミを進める。あっという間にその位置に到達するように見える。しかし、外科医にとってはそのプロセスをしっかりと多段階に感じとり、ハサミやメスを進めているのです。

不慣れな手術の場合

例えば私にとって不慣れな手術をすると(例えば血管吻合のための血管の処理)します。血管をむきむきにきれいに露出しなければならない。しかしどの程度の力でつまみ、引っ張るとどの程度結合組織が離れるかなど全く分からない。やってみる。10段階の「1」のチカラで、次は「2」のチカラで、次は「3」のチカラで、、、、結果「6」の力が必要だった。でも「6」だと少し強すぎた。みたいな。だから結果も伴わない。アクセル踏んで、もっと踏んで、スピード出過ぎてブレーキ踏んで、、、ガッタンガッタンです。
こんな状態では時間がかかるのは当たり前ですね(だから私は慣れない手術はしない)。

熟練していると

これが熟練した外科医だとまずフレームレートが違う。力の入れ具合が「100段階」(究極は「無段階」)あるのです。分解能が高い。そして、少しつまんでみて100分の58のチカラが最適だと判断し、状況に応じて57〜59の力を適宜配分してサラサラと処理していくのです。。この力加減は経験を積まないと分からないのです。
熟練した外科医の手術を見ると、その手術が簡単に見えるんですよね。アクセルの踏み込む量、エンジンの回転数が緻密に最適化されているから、燃費良く巡航するのです。
この分解能というのは、「入力」と「出力」があります。「入力」は受け取る情報。視覚情報、触覚から伝わる質感、重み、硬さ、もろさ、抵抗です。「出力」は外科医の指の「力加減」「動く距離」「時間」です。「入力」と「出力」がリアルタイムに影響しあって最適な条件が作り出されます。
だから熟練した外科医の手術を何万回見学しても、残念ながら手術ができるようにはなりません。高フレームレートな「入力」と「出力」が体験できませんから。
ちなみに熟練したランナーは足の接地の感覚が鋭いです。まず小指(第5趾)から地面に着きます。その後第4趾、第3趾、第2趾、拇趾とドミノ倒しのように順番に接地するのが分かるそうです。これは「入力」の分解能ですね。一般人には一瞬のことで全く理解できません。
そして、米粒に字を描く達人。これは「出力」の分解能が高いのはわかりやすいですね。ではマグロの解体は?これも「出力」の分解能が高いです。ミクロンの世界に限らないのが要注意です。

展望

さて、、科学が進歩してロボットが手術することはできるでしょうか?
私の答えは「可能」です。入力および出力の「分解能」は人間を超えていくでしょう。
ただし、同じ手術が完璧に行われてもその後の経過は十人十色。だから人間は当面は必要です。
でも外科医の数は少なくて済むかなあ?

 

眼瞼下垂完全ガイド

「眼瞼下垂って放置するとマズい?眼瞼下垂手術の危険性は?」

あなたのカラダは乗り換えができない唯一かつ一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を最大級に真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\まぶたはあなたの命//

無料で「完全ガイド」を手に入れる

LINE版はこちら!(4日間短縮バージョン)(無料)

515人の方が受け取り済みです。

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!