土井秀明先生|こまちクリニック

眼瞼手術後の修正手術と言えば、

土井秀明先生

まぶたの修正手術をもっとも多く手がける医師のひとりです。

「他の医師が執刀したまぶたの修正」

この手術は非常に高いスキルが要求されます。

他の医師が執刀した手術の修正手術を頼んでも、応じてくれる医師は少ないのが現状です。

土井先生にお世話になった患者さんを拝見したこともあり、かねてから土井先生の手術手技を見たいと思っていました。

ついにクリニックの訪問が実現しました。

大阪の京橋駅の前に、モダンなデザインのガラス張りのビルが目に入ります。そこの二階に「こまちクリニック」があります。

土井先生の手術は、丁寧でゆっくりしたストロークの手さばきです。おとなしく組織がさばかれていきます。

出血を最小限にし、正しいレイヤー(層)で解剖を明らかにしていくためだそうです。

いろいろコツがありそうですね。

以下、土井先生から、日本で眼瞼手術を手がける医師に対する要望です。

「足さない、引かない」

組織を取りすぎないこと。縫合の糸を残しすぎないこと(多すぎると取るのが大変)。おまけに、透明な縫合糸は見えない!

だそうです。修正手術を前提とした術式は大事ですね。

議論も沢山しました。

今後の医療界における課題です。

「眼瞼下垂症」と言う名称

先天性(眼瞼下垂)から腱膜性眼瞼下垂に限らず、ミュラー筋の過緊張や眼瞼けいれんなど様々な概念が一緒くたになって「眼瞼下垂症」の名称のもとに議論されています。

前提が異なると議論も不毛です。

概念を整理する必要があります。

案を出し合ってより適した名称を付けたいですね。

2015年某日

土井秀明先生
土井秀明先生
目次

追伸

土井先生は切られすぎた目頭切開の再建をしています。独特なデザインで立体的な目頭の構造を再現しました!

「シャークフィンフラップ」

です。

土井先生のブログ

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

土井秀明先生
最新情報をチェックしよう!