CATEGORY

訪問記

  • 2018年11月30日
  • 2019年1月4日
  • 0件

小泉正樹医師を追う@静岡厚生病院

今日の私は手術はありません。デューティーもありません。何しにきたのでしょう?🤔 小泉先生の1日を追いかける 第二木曜日は静岡厚生病院のまぶた外来の日(小泉正樹医師担当)。 まずは手術 午前9時前に病院に到着。本日は4人のまぶた手術(両側眼瞼下垂3人、片側の眼瞼下垂と下眼瞼内反症)の予定。昼からは小泉医師による講演会。そして外来診療です。 患者さんは、職員さんと地元の人など。 雑談(患者さんも交えて […]

  • 2018年9月18日
  • 2019年1月5日
  • 0件

輪郭外科は手術前から手術が始まっている??|ヴェリテクリニック

「ギューン、ギューン」 高周波な音がここヴェリテクリニックの隅から鳴り響いてくる。カーテンの向こうでなにやら作業をしている様子。 こっそりカーテンを開くと、橙色のスクラブを身につけている男性がこちらに背を向けて腰掛けている。福田慶三先生だ。 ゆう 何をしているんですか? おでこのインプラントを作成中の様子。 頭蓋骨モデルを手に持ち、レジン製インプラントを削っている。「インプラント」とは体内に埋め込 […]

  • 2018年9月11日
  • 2018年9月25日
  • 0件

セルバン教授のはみ出たお腹

飛び出たまあるいお腹から「おへそ」がチラリ、ホラリ それはジャン・マリー・セルバン医師による教授回診@パリ第七大学病院形成外科のシーンだ。 そのセルバン教授の訃報に接した 時は10年以上遡る 医師になって7年程であった私はパリのサン・ルイ病院(Hôpital Saint-Louis)に2ヶ月ほど遊びに(?)来ていた。 朝早く病院へ赴き、”モーニングカンファレンス”の部屋の前の廊下に到着した。そこに […]

  • 2018年6月22日
  • 2018年6月22日
  • 0件

形成外科医、酒井成身先生は〇〇が好き

酒井成身(しげみ)先生のご紹介 日本における、「自家組織による乳房再建」の黎明期を支えた形成外科医です。「広背筋皮弁」による乳房再建を普及させました。 背中の筋肉と皮膚(および皮下脂肪)を利用します。血流を遮断しないように繋がったまま乳がんで失われた胸に移植します。 乳がん治療で失われた「乳房」を取り戻すことができるなんて、かつての人は考えてもいなかったかもしれません。そこへ乳房を取り戻す啓発活動 […]

  • 2017年12月15日
  • 2018年9月25日
  • 0件

眼瞼下垂の手術の専門家、小泉正樹先生

かれこれ10年以上お付き合い頂き、度々ご指導いただいている先生、小泉正樹先生です。 「たれ目形成の手術(下眼瞼下制術、グラマラスライン作成術)」を拝見しました。ふむふむ、、 下まぶたの解剖は上まぶたと似ています。ほぼミラーイメージ。 とは言え、その構造は上まぶたに比べると薄くてはかなげです。 下眼瞼牽引靭帯(上まぶたの眼瞼挙筋に相当)も薄いです。これを上手に利用して「たれ目形成」をします。 ところ […]

  • 2017年8月15日
  • 2019年1月3日
  • 0件

生涯忘れることのできない刺激的な人体博物館

真っ二つに割れて内部をあらわにした死体・・・ 楽器を奏でる筋肉むきむきの死体・・・ 跳躍する死体・・・ あまりの生々しさに気分を悪くするヒトもいるという。今回は閲覧注意の画像が並びます。 本物の人体の標本が立ち並ぶ博物館=Body World@amsterdam 死体を化学処理し、空気に露出した状態で半永久的に保存、閲覧(時に触ることも可)できるようにしたのだ。 ポーズが印象的すぎて細部に目がいか […]

  • 2017年7月17日
  • 2019年1月12日
  • 0件

一夜にして廃墟にされた街があるって言ったら信じられますか?オラドゥール・シュル・グラヌ

一夜にして殲滅された街、オラドゥール・シュル・グラヌ(Oradour-sur-Glane) オラドゥール・シュル・グラヌ(フランス語: Oradour-sur-Glane)とは、フランス・ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏オート=ヴィエンヌ県の村である。1944年6月10日、ドイツの占領下であったこの村でナチス武装親衛隊による大規模な虐殺が行われた。当時村にいた村民のほぼ全員が殺され、村は一日にしてゴー […]

  • 2016年4月28日
  • 2019年1月5日
  • 0件

最先端医療でありながらほんのり癒される空間、千春皮フ科クリニック

こんにちは、さいたま市の金沢です。潜入レポート@千春皮フ科クリニック。 埼玉県で美容皮膚科と言えば、さいたま市の千春皮フ科クリニック。浦和駅東側(パルコ側)。交叉点渡った角の、鏡のような7階建ビルの5階。浦和駅のホームから見えるかも。 千春皮フ科クリニックの院長は渡邊千春先生 canon EOS 6D ;EF24-105mm f/4L IS USM; speedlite 600EX-RT; Lig […]

  • 2016年4月16日
  • 2017年9月21日
  • 0件

室孝明先生プロデュース!ヴェリテクリニック福岡院

こんにちは、金沢です。 第59回日本形成外科学会in福岡(平成28年4月13日〜15日)に参加。シンポジウム発表一題です。 写真の前田拓摩先生は乳房再建を専門にしていますが札幌で開業です。食事と運動による身体作りのスペシャリストにもなっています。下記ブログ参照。 http://ameblo.jp/slbcvogue/ 夕方にヴェリテクリニック福岡院訪問。高級ラウンジ? ほのかに鼻をくすぐる甘い香り […]

  • 2015年5月27日
  • 2018年8月31日
  • 0件

野平久仁彦先生|蘇春堂形成外科を訪問

野平久仁彦先生は日本を代表する美容外科医。 まぶたの治療を見に札幌までやって来ました。4泊5日の滞在😄野平先生の眼瞼下垂手術は年配の方が多い様子。 実は、年配の方の眼瞼下垂の手術治療は特有の難しさがあります。 加齢によってまぶたの構造自体が萎縮、変性しています。更に眼瞼下垂に伴い、代償機構としての眉毛挙上なども相まって眼瞼周囲の構造にも変化が起きています。 単純に下垂を治しても、その他の変性、変形 […]

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG