眼瞼下垂手術の料金は?健康保険は使えるのか?

診療報酬

眼瞼下垂手術の料金について

「まぶたの手術の料金って高いのかな?」

「家計を圧迫しないかしら?」

美容外科手術のイメージがありますでしょうか。しかしまぶたが病気ならば健康保険が適用されるのです。

健康保険が適用される?

あなたの保険証が使えるのです。体調を崩したり、身体を痛めたりなど病気をした場合に医療を病院で受けると、医療費の一部だけの負担で済みます。

しかし条件があります。

あなたが「眼瞼下垂」と診断されることです。かつ、眼瞼下垂症手術の目的が、「眼瞼下垂の修復」とした場合です。両方を満たす必要があります。

一方、「眼瞼下垂」と診断されない、もしくは手術の目的が、眼瞼下垂の修復以外(美容その他)にあれば健康保険は適用できません。

下垂の修復が目的下垂の修復以外の目的も含む
眼瞼下垂健康保険適用自費
眼瞼下垂でない自費自費

眼瞼下垂と診断されるとはどういうこと?

ざっくりいうと「病的である」ということです。まぶたの機能が破綻した状態です。

ハッキリ言うと「視野が狭い」状態です。生まれつきの人もいれば、病気や加齢によってその状態になる人もいます。

これを拡大解釈すると、「視野が狭い」のを代償すべくおでこのチカラを動員している状態なども含まれます。

この判断は医師によります。解釈も幅があります。患者さん自身が自分で決めることはできません。

数値化しようとする試みはありますが、現実に応用するには課題が多いです。以下の記事を参考に。

関連記事:「まぶたの開き具合を測定する。MRD(エムアールディ)」

※「眼瞼下垂はあるけど、健康保険を適用できるほどではない」という診断もあります。その場合は自費負担での治療になります。

手術の目的が下垂の修復以外とはどう言うこと?

「まぶたが下がる病態を修復すること以外」が目的の場合です。

  • ふたえにしたい
  • まぶたのツッパリ感を解除したい
  • まぶたの厚ぼったさを解消したい
  • パッチリ目にして写真写りを良くしたい

以上の場合は健康保険は適用しません。また、手術の目的に眼瞼下垂の修復を含めていても、これら下垂の修復以外の目的が含まれれば保険は適用できません。(結果的にふたえになるということはあります)

実際の負担額

健康保険が適用されれば、両目で15万円程度です。3割負担であれば、45000円程度の負担です。なお、1割負担だと15000円程度です。

(付け加えると健康保険診療を行っている医療機関であることも必要条件です。)

眼瞼下垂手術は基本日帰りで可能ですが、諸事情により入院で行うこともあります。

入院すると1日あたり20000円ほどプラスされますので、その一部の負担(3割なら6600円)も必要です。差額ベッドを希望したらその分の負担が必要です。

注意:2019年10月現在の情報です。医療機関によっても若干の違いはあるかもしれません。

健康保険が適用できなければ自費負担

価格は医療機関によって様々です。30万円〜70万円程度まで幅があります。さらに消費税もかかってきます。

やはり高いですよね。健康保険の5万円弱の出費と大違いです。

実は健康保険の方が安すぎという考えも

これは私見です。安すぎるが故にトラブルになっている人を少なからず見ているからです。気軽に手を出してしまうのです。その結果、不幸にも経過が思わしくなくて後悔する人がいるのです。

まぶたの手術に限らず、医療は身体的負担や合併症などのリスクを伴います。だから慎重に検討しなくてはならないのです。

家のリフォームをするにあたっては時間をかけて業者選びをするでしょう?だって経済的にも時間的にも負担が大きいですから。

眼瞼下垂の手術を受けるのに5万円でお釣りが来る。安すぎるんです。だから安易に受けてしまいがち。

手術担当医の事を調べもせずになんてナンセンスです。そんな簡単な手術じゃないんです(手術者にとっても、患者さんにとっても)。それがハワイ旅行より安いなんて。

家の購入、結婚相手を決める、くらいの意志で臨むべきなんです。

しかも一度手術をしたら、振り出しに戻せない事を十分に理解すべきです。家の購入や結婚相手なら最悪やり直せますからね。

参考記事:「眼瞼下垂手術後のダウンタイムを最短にして、一刻も早く社会復帰する方法」

参考記事:「眼瞼下垂症手術の合併症をあらかじめ知っておきましょう」

コストパフォーマンスの良い手術の受け方は

眼瞼下垂の人は健康保険で治療ができます(保険料払ってるんだからね)。これは有効に活用してください。それに加えて執刀医をしっかり選んでください。

大病院だから安心ということはありません。大きな病院では教育も担っていますから、未熟な若い執刀医に当たるかもしれません。一方、しっかりした指導医がいれば大丈夫。

なんとなく眼科や形成外科を、ふらっと受診するのはオススメしません。1ヶ月に1人2人しか執刀しない医師もたくさんいます。

日本の各地には眼瞼を得意とする医師がちゃんといます。選んで受診してください。

健康保険の適用の範囲も時代によって変化する可能性

健康保険を適用して手術を受けられる。それも今だけかもしれません。そのうちに健康保険から適応が外される日が来るかもしれません。

逼迫した医療経済を考えれば十分にあり得る話です。命に関わる病気に優先的に配分されるでしょう。

冒頭でも述べましたが、医師によっても解釈の幅はあります。

例えば私個人で言えば、左右差の著しい眼瞼下垂があれば、視野障害がなくても健康保険適用可能と診断することが多いです。

生命保険の給付金の対象になるか?

契約している生命保険会社に確認しましょう。医療特約などで組み込まれていれば対象になるようです。

申告する手術術式の種類は以下です。

K219 眼瞼下垂症手術

(1)眼瞼挙筋前転法

(2)筋膜移植

(3)その他のもの

多くの人は「K219-1(左右)」(2019年現在)となります。

 

 

CTA用”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

教室をのぞいてみる

診療報酬
最新情報をチェックしよう!