せっかく眼瞼下垂の手術をしたのに、皮膚がむしろかぶさってくる?

写真のAとB、CとD、EとFを見比べてください。それぞれ同一人物です。違いが分かりますか?(出典は下に記載)左の列と右の列との比較です。

左は治療前、右が治療後です。

眼瞼下垂の修復で、ふたえ幅は狭くなる(狭くする)

眼瞼形成後(皮膚たるみとり、脂肪切除、眼輪筋切除など)の特殊な病態(幅の広い二重、目の上の落ち窪みなど)を指摘し、これを修復するという論文です。

◎Clin Ophthalmol. 2019; 13: 2035–2042.Pathology Of “Post-Upper Blepharoplasty Syndrome”: Implications For Upper Eyelid Reconstruction

実際の手技として、眼瞼下垂手術を行いつつ、重瞼(ふたえ)の谷間を低く設定し直すというものです。※これ自体は何ら特殊なことではありません。

内容はさておき、上の写真の左右の違い、分かりましたか?

ここで、重要なポイントがひとつあります。

「眼瞼下垂術後の方がふたえ幅が狭く、皮膚のかぶさりがある」

ということです。

なぜこの写真を引用したかというと、誤解をしている患者さんがたまにおられるからです。

患者さんの誤解とは?

「せっかく眼瞼下垂の手術をしたのに、皮膚がむしろかぶさってきました」

という感想をいただくことがあるのです。

正常なまぶたの開け閉めのためには、

  • まぶたの前葉の余裕
  • ふたえの谷間の上部の脂肪組織

が必要なのです。

だから皮膚がかぶさってくるくらいで正常なのです。かぶさるくらいで正常に機能するのです。

invaginationとグライディング機構が必要

「なぜまぶたの前葉に余裕が必要なのか?脂肪が必要なのか?」

まずは二重の谷間から奥に引き込まれる現象がありますね。invaginationという動きです。

※invagination;嵌入(the folding in of an outer layer so as to form a pocket in the surface;表層にポケットを作るように外層を折りたたむこと)

このためにも皮膚にゆとりが必要です。

さらに、

まぶたの前葉と後葉とのグライディング(抵抗の少ない、ずれのモーション)があることで、スムーズなまぶたの動きが得られるのです。

◎参考文献:Chen WP: The concept of a glide zone as it relates to upper lid crease, lid fold, and application in upper blepharoplasty. Plast Reconstr Surg.;119(1):379-86. 2007

ちなみに、「まぶたの前葉」とは皮膚と眼輪筋、「後葉」とは挙筋腱膜、ミュラー筋、結膜です。

前葉と後葉との連結は緩く、お互いに”スライド”する遊び(余裕)があるのです。

関連記事:『眼瞼下垂で確認すべきこと。前葉の下垂か?それとも後葉の下垂か?』

前葉と後葉との間を繋ぐ、柔軟な脂肪や結合組織が必要なのですね。

皮膚が被さるのが正常

30歳を超えたら皮膚の伸展収縮の幅も狭まります。まぶたの皮膚は閉じるだけでなく、開くときにも十分な量が必要です。

眼瞼下垂の治療をする場合、皮膚の余裕を残すことがいかに大事かってご存知でしたか?

 

 

 

CTA

「眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではない」ってご存知ですか?

「術後血腫を生じた患者さんのその後の経過は?」「他院でどんなトラブルが起きているのか?」…興味はあってもなかなかそのような情報に辿り着けません。

\\1週間だけ集中して講座を受けてみませんか?//

メール講座のご案内はこちら!

「さらに詳しい情報をしっかり学んでみたい」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワードも取得できます。

眼瞼形成後の下垂を修正
最新情報をチェックしよう!