眼瞼下垂症手術を受ける季節は夏がいい?冬がいい?

ひまわり
日差しの強い夏は大丈夫?

こんにちは、埼玉県の金沢です。

先日の猛暑は昨年の7月を思い出しました。もうここまできたら、40度越えを体験してみたいなどと思ったりして 🙂 。

ところで、眼瞼下垂症手術スケジュールを検討する際、患者さんから

「手術を受けるのに適した季節はあるか?」

と良く聞かれます。

「暑いと化膿するのでは?」

「暑いときずが蒸れるのでは?」

実際は化膿しやすいことはありません。手術翌日から洗顔、洗髪可能です。

気持ちとしては「夏は化膿しやすそう・・・・」ですよね。

一方、冬は・・・・

暑い湯船に浸かることは控えます。術後一週間は血の巡りがよくなることを控える必要があるからです。

「シャワーだけだと寒かった〜」

という感想を度々耳にします・・・・

あなたはどちらが良さそう?

最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG