眼瞼けいれんでマブタの皮膚がズルズルに|眼瞼下垂症

こんにちは,

金沢です。

どんよりしてムシムシしていますね。
天気の悪い日は眼瞼けいれんの症状が思わしくないようです。

ところで眼瞼けいれんが進行したヒトに特徴的な肌の状態があります。


cc licensed ( BY ) flickr photo shared by Valentina Storti

眼瞼けいれん(重度)のヒトのマブタは縦横にちりめん状に皺が入り、
つまむとビヨーンと伸びます。
ズルズルになっています。
ひどいヒトは眉までズルズルになっています。

猫の背中のようとか、ゴムのようとか表現されます。

ハムスターの背中をつまんで持ったことがありますか?
あんな感じです。

年中けいれんしているために皮下組織が変性してしまうのでしょう。

(2015年7月8日 加筆修正)

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG