TAG

眼瞼けいれん

  • 2019年4月19日
  • 2019年8月20日
  • 0件

眼輪筋を切除するとボツリヌス毒素注射が痛い

ボツリヌス毒素注射は痛い 「ボトックスでシワ取り」 眉間や目尻のしわは顔の表情筋が作り出す「折り目」です。筋肉が収縮すると皮膚が折りたたまれてしわが現れます。その筋肉の動きを弱めることでしわを消します。 薬理学的には神経と筋肉の接合部に作用して「筋肉を麻痺」させるのです。 しかし、この薬剤を筋肉に届けるために局所に注射する必要があります。これが痛い。刺す瞬間、そして薬液が染み込む瞬間。その苦痛を上 […]

  • 2018年7月20日
  • 2019年8月20日
  • 0件

「二重(ふたえ)切開でも強直性眼瞼けいれんになりますか?」という質問

メッセージ本文: お忙しい中、失礼します。いつもブログ拝見しております。 瞼のことで教えていただきたいことがあります。 挙筋腱膜前転法で強直性眼瞼痙攣になる人はいるようですが、二重切開で強直性眼瞼痙攣になることはあるのでしょうか? 良かったら、よろしくお願い致します。 男性 公開を承諾する 強直性眼瞼けいれんとは? 眼輪筋(と眉毛下制筋たち)の緊張が強くなり、目を開けるのがしんどくなります。眉間に […]

  • 2018年1月26日
  • 2019年8月20日
  • 0件

まぶしさってなんだろう?眼瞼下垂でまぶしくなるってなぜ?

「まぶしさが改善しました!晴れの日でも苦痛に感じなくなりました。不思議ですよね〜」 眼瞼下垂の治療前後の変化を述べる患者さん。 まぶたが下がってくると目の中に入る光の量が減りそうですよね。 まぶしくなるんです。眼瞼下垂になると! 外出が億劫になってしまうのです。まぶしいから眉間にシワがよるし、頭痛がしてくるし、何より疲れてしまうのです。 松尾清先生の理論によると 「交感神経が刺激されて瞳孔が開くた […]

  • 2017年12月8日
  • 2019年8月20日
  • 0件

眼瞼けいれんの症状、所見、原因、対処法などなど

患者さん まぶしくて、目がしょぼしょぼして、目を開けているのが辛いんです・・・・ 😭 眼瞼けいれんは日常生活に著しい障害をもたらします。しかし、その病気自体が世の中に認知されておらず、患者さん自身が自分が病気であると自覚できません。実は臨床医でも知らないヒトが多いし、医師国家試験にも出題されません(多分)。眼瞼けいれんは何が問題なのでしょうか?対処法はあるのでしょうか? 眼瞼けいれんって? 疾患概 […]

  • 2017年11月28日
  • 2019年8月20日
  • 0件

目尻の皮膚が垂れ下がって目尻が痛い!それはまぶたのけいれんが原因だった

「目尻がヒリッとする」 「目尻がツーンと痛む時がある」 目尻の痛みの原因 目尻に涙と目やにがたまることが原因 めじりに涙液などが溜まると、その部位の肌が荒れてしまい、ときに皮膚の表面が欠損します(びらん)。 そのため、まぶたが動くときに皮膚が引き裂かれるような痛みを感じます。 なぜ、目尻に涙が溜まるのか? (1)目尻に上まぶたの皮膚が覆いかぶさる 上瞼の皮膚が覆いかぶさることにより、涙がそのスペー […]

  • 2017年6月5日
  • 2019年8月20日
  • 0件

まぶたの重さに対してボツリヌス毒素注射を

  かなざわ そこのあなた、しかめ面になってませんか? 千春皮フ科でボツリヌス毒素注射してます A型ボツリヌス毒素 顔面けいれん、眼瞼けいれん、斜頸、拘縮、斜視、多汗症の治療に利用されています。日本で承認されてから、かれこれ20年くらいになる実績のある治療薬です。 ボトックスの薬理作用 神経終末からのアセチルコリンの放出を抑えて、筋肉の収縮を促すシグナルが筋肉に届かないようにします。その […]

  • 2017年4月17日
  • 2019年8月20日
  • 0件

野平久仁彦先生が眼瞼けいれん手術をはじめました

こんにちは!普段使用している片栗粉の原料がジャガイモだったと最近知った金沢です。ご存知でしたか? 第60回日本形成外科学会学術集会in大阪(平成29年4月12日〜14日)。今回も情報交換してきました。戦慄を覚える、驚きのニュースですよ。 学会報告第一弾デス。 トップニュース: 「野平久仁彦先生が〇〇を始めた!」 野平先生の発表の趣旨は炭酸ガスレーザーを用いたまぶた手術。 『眼瞼手術におけるCO2レ […]

  • 2014年3月31日
  • 2019年8月20日
  • 0件

眼瞼けいれんにジクアス点眼

こんにちは金沢です。 この写真は深谷市の高橋眼科の高橋功一先生から届いたものです。 咲き始めたばかりの桜をみると心が躍りだしますね。photographerでもある高橋先生はフットワーク軽く、同じ日の昼休みに寄居の鉢形城までカタクリを撮りにいってきたそうです。 孵化したばかりのひなどりのように見えますね。可愛らしい。 さて、今回は高橋功一先生に教えていただきました。 ジクアス点眼について 眼瞼けい […]

  • 2014年3月12日
  • 2019年8月20日
  • 4件

眼瞼けいれんに対する手術治療ADMとは?

こんにちは、金沢です。 眼瞼けいれんの手術治療の術式が一つ増えました。従来からある眼瞼けいれんの手術治療といえば眼輪筋などの減量でした。新しい術式はミュラー筋の感度を鈍くすることに主眼を置いたアプローチ法です。ADMとはなんでしょう?信州大学形成外科学教室を訪れました。 ADM: Advanced Desensitization of Mechanoreceptors in Muller̵ […]