眼瞼けいれんの治療におけるADMの問題点。再癒着。その対策とは?

形成外科学会の写真

博多で熱く議論が交わされました

ADM治療(眼瞼けいれん)の進歩

“advanced desensitization of mechanoreseptors in muller’s muscle” ミュラー筋の感度を下げる治療。

美容外科学会2017年備忘録|交感神経の緊張でまぶたのミュラー筋が肥大する。松尾清先生

2017.10.01

ADMの成績は?|眼瞼下垂症

2015.04.13

眼瞼けいれんに対する手術治療ADMとは?

2014.03.12

日本形成外科学会総会(博多)が4月に催されました。

気になるのが「まぶた治療の進化」ですね。

シシンポジウム「後天性眼瞼下垂術後のトラブルまたは不満足な結果に対するリカバリー」

ミュラー筋の処理に関する部分での議論がありました。メモメモ😌

ミュラー筋を瞼板(けんばん)から外しても、術後経過中に、「眼瞼けいれんの症状」の戻りが認められる。

再手術症例を見ると、ミュラー筋が瞼板へくっついているのが確認できるそうです。ミュラー筋をしっかり外したにも関わらずに。

ミュラー筋の始まりと終わり(起始部と停止部)はニュートラルボジションでは近いのでしょう。ミュラー筋を外すときは瞼板を引っ張るのでミュラー筋が奥に引っ込んだように見えますが、実際はそれほど引っ込んでいないのかもしれません。

外したミュラー筋が瞼板へ再びついてしまうことへの対策とは?

発表者たちの対策

  • ミュラー筋を部分切除する
  • 軟部組織を、外したミュラー筋の端に置く

ミュラー筋を切除するというのはいささか勇気が要りますが、根治性は高そうです。しかし、覚醒度が落ちてしまうリスクがありそうです。注意が必要ですね。全ての患者さんにはできないかなあ。

いずれにせよ、ADMが一定の効果を上げているのは間違いなさそう。

ADMの効果が出ているのは埋没法が原因の眼瞼けいれんが多いのかな?という印象。

形成外科医が埋没法(ふたえを作る手術)で眼瞼けいれんを作り出し、ADMで治している。皮肉な事です。しかし、原因がピンポイントで指摘される病態です。これを解除することにより、眼瞼けいれんの症状が落ち着くのは理に叶っています。

一方、原因不明の眼瞼けいれんはいまだ成績が安定していない印象です。「下まぶたのミュラー筋も外すべき」との意見もあります。

もうしばらく実績が積み上がるのを待ちたいですね。

あとがき

学会のアフターは先生方とお店で交流します。経験豊かな先生たちから学ぶことが多いです。私も早く後輩を指導できるような立場にならねばと思う今日この頃。

アワビの写真

これはなんでしょう?

年季の入ったアワビです。

鮑の貝殻の写真

年輪を数えると年齢が分かります。何歳でしょう?

貝殻にスジが無数に入っています。一年に一本。年輪と同じだそうです。

確か50歳を超えていたと記憶します。やわらかきのその厚みを十分に歯茎と舌、そして口蓋でぐっぐっっと味わいました。

自分も、死ぬまでもしくは死んでからでも誰かの肉にならなきゃなあ。自分をもっと育て磨かなくては🤔

握り心 山ぼうし 要予約

福岡市中央区西中洲2−15 プラネットビル3F

092-725-0023

 

形成外科学会の写真

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座


「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験や解釈を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページでご確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく