TAG

学会レポート

  • 2019年5月24日
  • 2019年8月20日
  • 0件

首下がり症候群と眼瞼下垂 日本形成外科学会レポート

「首下がり症候群」と「眼瞼下垂」 まぶたの一般演題セッション。演者、栗山元根先生(千葉大学形成外科)。 ある種の疾患で首が前に垂れ下がってしまう病態。「失意のあまり、がっくり首を垂れた」姿勢です。自力で首を持ち上げることができず、食事や飲水にも支障があります。床か自分の膝しか見えないですから、「視野」の観点でも不便で仕方ありません。ネックカラーで首を支えている人もいます。 合併疾患は様々。パーキン […]

  • 2018年3月2日
  • 2018年9月25日
  • 0件

医師不足ナンバー1の埼玉県の医師はここにいた!埼玉県医学会総会へ参加

会場は埼玉県県民健康センターです。県庁の隣。 浦和駅から私の脚(きゃく)で10分です。道のりには老舗がチラホラ…よそ見してしまいます。 埼玉県医学会総会の特徴 埼玉県医師会主催の学術集会 埼玉県内の医師が集まり、研究や症例の報告をし、議論する 研修医の発表の登竜門でもある 「200を超える発表があり、増えました!」とのことです。活気が出てきたようですね。 参加者はM字 経験豊富そうな年齢がしっかり […]

  • 2017年4月17日
  • 2019年8月20日
  • 0件

野平久仁彦先生が眼瞼けいれん手術をはじめました

こんにちは!普段使用している片栗粉の原料がジャガイモだったと最近知った金沢です。ご存知でしたか? 第60回日本形成外科学会学術集会in大阪(平成29年4月12日〜14日)。今回も情報交換してきました。戦慄を覚える、驚きのニュースですよ。 学会報告第一弾デス。 トップニュース: 「野平久仁彦先生が〇〇を始めた!」 野平先生の発表の趣旨は炭酸ガスレーザーを用いたまぶた手術。 『眼瞼手術におけるCO2レ […]

  • 2015年11月5日
  • 2019年9月9日
  • 0件

眼瞼下垂症治療後に視力が変わったかも・・

Photo:? By Christos Tsoumplekas (Back again!) 眼瞼下垂症の手術後に視力が変化することがあります。 「メガネが合わなくなったみたい」 「老眼鏡が不要になった・・・」 一週間後の抜糸の時に患者さんから報告されます。眼瞼下垂症手術後に視力が変化するのです。 以前から経験していることであり、術前に患者さんに説明する項目でもあります。近年では学会でも報告されるよ […]

  • 2015年4月15日
  • 2019年1月10日
  • 3件

眼瞼下垂術後の視機能の変化

こんにちは金沢どす。 「都をどり」が催されている祇園甲部歌舞練場での開演前のお点前のひとときどす。 美しい所作で漂うお色気・・・ チケットを手配してくだはりました一力亭様おおきにありがとございます。 第58回日本形成外科学会in京都(4月8日〜10日、平成27年) 「眼瞼」のセッションで以下の報告です。 眼瞼下垂術後の視機能の変化 東京医療センターからの報告でした。眼科医と連携して33名の眼瞼下垂 […]

  • 2015年4月13日
  • 2016年2月2日
  • 3件

ADMの成績は?|眼瞼下垂症

こんにちは金沢どす。 京都文化を堪能しました。おおきにありがとうございます。。 第58回日本形成外科学会in京都(4月8日から10日、平成27年) 「眼瞼」のセッションです。 眼瞼痙攣の治療で行われる ADM(Advanced Desensitization of Mechanoreceptors in Muller’s muscle) という手技があります。 信州大学の伴先生と松山市 […]