目尻の皮膚のたるみは切除すべきか?目尻の影(テールシャドウ)は残したい

 

アイキャッチ目尻のたるみを残す

「まぶたのたるみの治療をしたら目が小さくなった」

と言ったら信じますか?

目の大きさは、

眼球の露出部位の「上下の縦幅(瞼裂縦径)」と「目頭と目尻の横幅(瞼裂横径)」

で決まります。

しかし、相手に与える「目の大きさの印象」は違います。

例えばメークをしたまぶた。びっくりするぐらい変身できますね。

目のフチを黒く縁取るだけでも印象が変わります。とくに目尻側のシャドウは重要です。

tailshadow
目尻側の影を濃くすることは重要

目尻の皮膚のたるみは、目の横幅を広く見せる効果がある

上まぶたのフチの輪郭線が、目尻を超えてこめかみ方向に伸びます。

さらに、上まぶたが下まぶたに落とす影(=キャストシャドー(cast shadow))が、下まぶたの輪郭線を太く、目尻側に伸ばすのです。

目尻の影=「テールシャドウ(tail shadow)」と(とりあえず)名付けました。

テールシャドウ
Tail shadowとは?目尻に作られる輪郭線と影です。ここも含めて目の大きさと認識されます
目尻の影のイラスト
目尻のたるみがもたらす目の拡大効果

「テールシャドウの、目を大きく見せる効果」についてphotoshopで検証

photoshopでテールシャドウを消しました(右)。

目尻の影の効果の検証
右の画像は目が小さく見える

たしかに目が小さく見えるようになりました。目の大きさ(瞼裂横径と瞼裂縦径)は不変ですが、印象が全く変わりましたね。

この結果から、「目尻のたるみは完全には消さない方が良い」と結論できます。

特に加齢現象による目周りの変化は要注意

50代、60代になると目玉そのものが後退して徐々に落ちくぼみます。そのため、目の横幅(瞼裂横径)、目の縦幅(瞼裂縦径)が小さくなります。縦幅は眼瞼下垂症手術(挙筋前転法)である程度は回復可能ですが、横幅の復元は手術では困難です。

目尻のたるみ取り手術を行うと、ただでさえ小さくなった横幅を強調する結果に陥る可能性があるのです。

実際のモデル症例です。

眼瞼下垂症手術の際に上まぶたの皮膚のたるみ取りを同時に行いました。目尻側のたるみがスッキリなくなりました。

あれ?目が小さく見えませんか?目尻の影(シャドウ)がなくなり、目の横幅が小さく認識されるようになりました。・・・・ちょっと残念です。

眼瞼下垂手術をしてテールシャドウを失った
目尻側の皮膚のたるみがなくなり、目尻のシャドウがなくなった。目が小さく見えませんか?

この写真は誇張ではありません。定規をあてて見てください。

つまり、本記事の疑問「たるみは残すべきか?」の回答は

「ある程度は残すべき」

ということですね。

追伸

逆もあります。眼瞼下垂手術治療後に眉位置が下がり、目尻の皮膚のたるみが生まれ、結果的にテールシャドウができて、目がさらに大きく見えるようになることもあります。

 

※眼瞼下垂症啓発目的に写真を使用することに同意いただきました。ご協力ありがとうございます😊
尚、当記事は特定の手術をプロモートするものではありません。まぶたの生理学を追究するものであり、いち形成外科医が考察する雑記であります。皆さんと情報を共有し、まぶたの真理を追究することが目的です。手術自体はリスク(出血、傷が残る、左右差、違和感など)があり、慎重に検討されるべきです。

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

photoshop加工写真。テールシャドウで目が大きく見えることがわかる
最新情報をチェックしよう!