通常の眼瞼下垂手術か、上眼瞼リフトか?どちらが良い?

先日示したように、上眼瞼の厚み(皮膚や眼輪筋、脂肪など)が大きい人は上眼瞼リフトは良い手段となります。上眼瞼リフトだけでも視野の改善や開瞼努力の軽減などが得られることもあります。

関連記事

眼瞼下垂症手術の治療手段の一つにある「上眼瞼リフト」(眉毛下皮膚切除)眉の下(もしくは上)の厚い皮膚を切り取り、まぶたを持ち上げる手術です。眉下皺取り術、眉下切開法、眉毛下皮膚切除術などとも呼ばれます。通常の眼瞼下垂症手術の後に提案され[…]

上眼瞼リフトのきずあと

一方、上まぶたのボリュームが多いからと言っても、眉下の皮膚切除でなく、通常の眼瞼下垂症手術の皮膚切開からのアプローチが良い場合もあります。(結果的に両方することも有りますが)

挙筋のチカラが伝わっていない腱膜性眼瞼下垂症の場合や皮膚の垂れ下がりが顕著な場合です。

 

厚みのあるまぶた。眼瞼下垂症手術前の写真
厚みのあるまぶた

問題です。

このケースでは、どちらが適応でしょうか?通常の下垂手術か、もしくは眉下切開の上眼瞼リフトか?

金沢のイラスト
かなざわ
私は、眉毛下皮膚切除では限度があると考えました

通常の眼瞼下垂症手術(+皮膚切除、ROOF;眼輪筋下脂肪の減量)を行いました。一年後。

眼瞼下垂症の術前術後の写真
眼瞼下垂症手術1年

「正面を見て、目を閉じて、目を開けて、下を見て、上を見て、正面を見て、目をギュッと閉じて、目をギョロッと大きく開けて」と指示しています。

*視野が狭まると頭位を固定した状態で上下を見るのが困難になります。(特に高齢者は頭を動かさないと上下を見ることができません。目が引っ込んで奥目になることも原因と思われます。)

「上眼瞼リフトを行ったら、はたしてどのような結果になったか?」というのは今でも考えます。

皆さんはどう考えますか?

 

※眼瞼下垂症啓発目的に写真を使用することに同意いただきました。ご協力ありがとうございます😊
尚、当記事は特定の手術をプロモートするものではありません。まぶたの生理学を追究するものであり、いち形成外科医が考察する雑記であります。皆さんと情報を共有し、まぶたの真理を追究することが目的です。手術自体はリスク(出血、傷が残る、左右差、違和感など)があり、慎重に検討されるべきです。

 

CTA用”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

教室をのぞいてみる

厚みのあるまぶた
最新情報をチェックしよう!