眼瞼下垂症手術後の出血は防ぐことが出来るのか?

内出血のあと
内出血斑は目立ちます。最小限におさめたいですね。

眼瞼下垂症手術の合併症の一つに出血(血腫)があります。

まぶたはもともと内出血しやすい部位です。転んでこめかみを打撲してもお岩さんのように紫色に腫れ上がることがあります。😭

残念ながら、まぶた術後の出血を0%にすることはできません。
しかし、出血の量を最小限にする努力は有効です。(下のリンクページをご覧ください)

出血(血腫)は99%が手術の日に生じるものです。従って、手術した日は極力安静に(患部も)する必要があります。翌日になると出血はほぼ治まります。

しかし、数日経っても油断はできません。

わたしの患者さんで、術後4日目になってから内出血を生じたかたが二人います。

関連記事

まぶた手術後は心を落ち着かせて安静にしましょうね眼瞼下垂術後の過ごし方について眼瞼下垂治療後の1週間はまぶたがとっても腫れます。青あざが目立つこともあります。皆さんにとって負担が大きいこの期間。ハンディキャップを最小限にするための過ごし[…]

まぶた手術後は心を落ち着かせて安静にしましょうね

このページでも書きましたが、お風呂に入って湯船につかった瞬間と強く咳き込んだ瞬間です。突然プクーーッとまぶたが腫れてきたとのこと。

「一週間はまぶたを刺激しないよう注意しましょう!」

とは説明しますが、、、、、咳き込むなどは不可抗力ですね。

内出血の姿はとても痛々しいものです。(実は本人は痛くはない。)きれいになるまで一ヶ月の我慢です。

関連記事

「誰かと喧嘩した?」「転んで顔を打った?」目に青あざがあると周りの人が心配します。眼瞼下垂症などのまぶた手術後に出血の影響で出血斑(青あざ)ができることがあります。青あざもまぶたの手術を躊躇させる要因ですよね。青あざがなぜ出来るのか?どのよ[…]

眼瞼下垂術後1週間

(2015年6月30日修正)

 

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG