目薬で目が大きくなる?それは血管収縮剤が原因

点眼する写真

点眼で目が大きくなる?

「目薬をさすとまぶたが挙がるんです」

そう語るのは、まぶたが下がった眼瞼下垂の患者さん。

その場で点眼してもらいました。確かに目が大きくなりました😳wow!

点眼薬で目が大きくなる理由

「白目の充血を抑え、白目をより白く見せる効果がある」とのことで商品化された点眼薬です。

その正体は

「塩酸テトラヒドロゾリン」

血管収縮剤です。目の表面の血管を収縮させ、目立たなくすることで充血が消えるんですね。

メカニズム

交感神経作動薬として「アドレナリンα1受容体」に作用します。交感神経スイッチです。

  • ミュラー筋(Müller’s muscle)は交感神経支配(アドレナリンα受容体)
  • ミュラー筋はまぶたを持ち上げる筋肉
  • 交感神経作動薬でミュラー筋が収縮する

その結果、まぶたがあがるのです。「ミュラー筋の機能が弱っている人」に効果がありそうです。

ミュラー筋のスイッチはα2がメイン

アドレナリン受容体は種類があり、その優位性は「α2>β1>α1,β2」のようです。

Ophthalmic Plast Reconstr Surg. 1999 Mar;15(2):92-9.

Distribution of adrenergic receptor subtypes in the retractor muscles of the upper eyelid.

Esmaeli-Gutstein B, Hewlett BR, Pashby RC, Oestreicher J, Harvey JT.

α2作動薬の点眼はまぶたを持ち上げる

Br J Ophthalmol. 2005 Nov; 89(11): 1442–1444.

The sensitivity and specificity of 0.5% apraclonidine in the diagnosis of oculosympathetic paresis

F Koc, S Kavuncu, T Kansu, G Acaroglu, and E Firat

α2作動薬の点眼は眼瞼下垂の程度に影響を与える。「眼の交感神経障害の患者さん」の評価に有用である。

とのこと。でも、45%健常者でもまぶたが持ち上がったらしく、かならずしも患者さんに特有の現象ではないようです。

今回の目薬はα1スイッチ

そのα1スイッチだけでもミュラー筋の収縮が見られるんですね。フェニレフリン(眼科で用いられる散瞳薬)はα1作動薬です。これも眼瞼下垂の診断や研究にもちいられることがあります。

ミュラー筋が弱っている人って?

  • 挙筋腱膜が緩んでしまったコンタクトレンズ眼瞼下垂(関連記事)
  • ホルネル症候群(Horner症候群)の症状としての眼瞼下垂
  • 目を開けるのがつらいくらい、いろいろ頑張りすぎて疲労困憊なひと

効果は一時的

点眼された薬剤の効果は間もなく消失します。それは充血が解消される時間が限られていることからも分かると思います。

おまけの効果、瞳孔を大きくするかも?

黒目の中の「瞳孔(どうこう)」という、光が入る「絞り」があります。明るいと小さくなり、暗いと大きくなる瞳の中心の孔です。

「瞳孔が開くと魅力的に見える」って聞いたことありませんか?

交感神経が優位になると瞳孔が開きます。

つまり、点眼薬によるα受容体への刺激で瞳孔が開くかもしれないのです。あくまで理論上の話ですが😅

ここで注意点

実はここに罠があります。瞳孔が開くことで緑内障(眼圧が高い)が悪化する人がいます。だから緑内障持ちの人はこのタイプの点眼は使用できません。ようく添付文書を読んでくださいね。

瞳孔が開くと「房水」が流れ出る出口が狭くなり、眼圧があがってしまうことがあるのです。要注意です。

本ブログは特定の点眼薬の使用を推奨するものではありません。生理学を考察するものです。あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 

 

点眼する写真

まぶた治療を考えている女性限定メール講座


眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく