重瞼術(ふたえ手術)のルーツは19世紀に遡る

ふたえ(二重、重瞼)を作る手術っていつの時代から行われているのでしょうか?

それは「1885年」に遡るのです。明治の初期ですね。

『重瞼術のルーツを求めて』演者:白壁征夫

第41回日本美容外科学会総会での発表です。聴衆として金沢が聞いた範囲でまとめます。多少の過誤はご容赦ください😅

かつて演者の白壁先生が1985年に”Annals of Plastic Surgery”で報告しています。「ふたえまぶた手術」は美甘(みかも)光太郎(1896年に報告)が起源であるとしていました。

Ann Plast Surg. 1985 Sep;15(3):224-41.

The double-eyelid operation in Japan: its evolution as related to cultural changes.

Shirakabe Y, Kinugasa T, Kawata M, Kishimoto T, Shirakabe T.

美甘の論文
右が術前、左が術後。もともと右がひとえ

(上記文献に引用された美甘の論文より)

しかし、もっと過去に遡ることができたのです。それは河本重次郎医師によるもので1885年に遡るのです。

「逆さまつげ」を治療する過程で「ふたえ」ができました。綺麗になったんじゃない?

てな感じです。

それを改めて美甘が”美容”として発表したのだそうです。

感想

明治の人々も「ふたえまぶたを美しい」と感じたのですね🤔

日本人は弥生系(細い目)と縄文系(彫りの深い二重まぶた)の人種です。「ふたえ」が「見栄えが良い」と思われていたのは、はるか過去に遡る可能性がありますね。

源氏物語に「あいつはふたえだ。うらやまし」のような記載があったりして😅

追伸

第41回日本美容外科学会総会でした。またまた課題ができました。演者の皆さんに心から敬意を表します☺️

美容外科学会の抄録集
美容外科学会の抄録集

美容外科学会関係の記事

関連記事

金沢です。10月11,12日に品川で第36回美容外科学会総会が催されました。千葉大学佐藤兼重教授会長です。私の恩師のひとりで、いろいろとチャンスをくださりました。本学会で報告したのは「開瞼量を増大させない[…]

関連記事

まつ毛の根元のピンク色のところが目立つ人がいます。どちらかといえば嫌がられる現象です。まぶたが貧相に見えるからでしょうか?加齢現象のひとつであることは間違いありません。そして上まぶたの手術後に起こる様々な変化。[…]

ウォーターラインとは?

「眼瞼下垂って放置するとマズい?眼瞼下垂手術の危険性は?」

「完全ガイド」メール版(無料)

LINE版はこちら!(4日間短縮バージョン)(無料)

541人の方が受け取り済みです。

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

美甘の論文
最新情報をチェックしよう!