眼瞼下垂術後のきずあとはへこむ?

こんにちは、金沢です。

「眼瞼下垂症手術の切開瘢痕は凹みますか?」

インターネット上では、二重手術の失敗例の一つとしてキズの凹みも話題になるようです。目を閉じても切開瘢痕がガッツリ凹んでいると、いわゆる整形顔と指摘されやすくなります。強引に幅広二重を作ろうとしたヒトは痛々しさすら感じます。

二重をしっかり深く作るために

  • 皮膚切開部を瞼板に縫い付けて固定する
  • 瞼板前の脂肪や眼輪筋をしっかり切除して瞼板前皮膚を瞼板に癒着させる

といったこと(程度もあります)をすると、目を閉じた時に目立つ凹みが出来ます。特に若い人は不自然になります。

対策として、自然な重瞼ラインにするために、

  • 瞼板前の組織(脂肪や眼輪筋など)を残す
  • 余らせた腱膜の断端を縫合部に緩くおく(眼瞼挙筋の収縮に伴って重瞼線が奥に引っ張られます)

しかし、これも程度問題で、厚ぼったい一重の人はある程度瞼板前の組織を減量しないと術後に重瞼が浅くなるリスクがあります。腱膜の余らせ方が多いと重瞼の引き込みが浅くなり、三重などの予定外重瞼線ができることも有ります。

関連記事:『眼瞼下垂の手術後のきずあと、瘢痕が残ることの見かけ以外の問題とは?』

私の方針としては、瞼板前の組織を極力残すようにしています。重瞼が浅くなったり、予定外重瞼線ができることのほうが、修正余地が残されるからです。

実際の患者さんモデルで見てみます。

この写真は眼瞼下垂症手術前後のまぶたを閉じた時の様子です。

正確には他院で埋没式ミュラー筋タッキング?をされましたが、程なくして下垂が再発して来院されました。そこで、当院で眼瞼下垂症手術を行い、ミュラー筋の固定糸を丁寧に外して腱膜固定を行いました。

眼瞼下垂術前の写真。正面視
眼瞼下垂の術前 正面視
眼瞼下垂術前。目を閉じた時の写真。
眼瞼下垂の術前 閉瞼

 

眼瞼下垂術後の写真。正面視
眼瞼下垂の術後 正面視
眼瞼下垂術後の写真。目を閉じた時
眼瞼下垂の術後 閉瞼

ミュラー筋とミュラー筋タッキングの糸が瞼板の上の縁(へり、ふち)についていました。これを外すために瞼板前を剥離しました。

この際に瞼板前組織を切除しないように残しておきます。そして挙筋腱膜(これは触られておらず、キレイでした)を瞼板へ固定し、瞼板前組織をゆるりと戻しつつ、腱膜断端を切開皮膚へ緩くおいて縫合固定しました。

眼瞼下垂症啓発目的の写真使用に承諾頂きました。ありがとうございます。(埼玉県の患者様)

CTA

「眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではない」ってご存知ですか?

「術後血腫を生じた患者さんのその後の経過は?」「他院でどんなトラブルが起きているのか?」…興味はあってもなかなかそのような情報に辿り着けません。

\\1週間だけ集中して講座を受けてみませんか?//

メール講座のご案内はこちら!

「さらに詳しい情報をしっかり学んでみたい」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワードも取得できます。

眼瞼下垂術後閉瞼
最新情報をチェックしよう!