上眼瞼リフトの眉下の瘢痕、色のギャップをあなたは受け入れられますか?

こんにちは、埼玉県の金沢です。

眉下切開による上まぶたの余剰皮膚切除術。皮膚のたるみがメインで、眼瞼挙筋が機能してまぶたの縁が持ち上がっているヒトは良い適応です。しかし、通常の重瞼部分の切開と異なり、切開瘢痕が露出します。いかに丁寧に縫合し、キズが綺麗に治っても認識されやすい瘢痕になることがあります。その原因について考察します。

肌は5ミリ場所が違えば厚み、色、キメ、質感全て異なる

皮膚は、睫毛(まつげ)から遠ざかるほど、厚みが増します。まぶたの色素沈着が濃い人でも眉の中の皮膚の色は白色です。

肌のキメ細かさや質感も同様に異なります。

眉下切開をする場合、上下方向に5から15ミリ程度の幅で皮膚切除をします。そして眉側の皮膚と睫毛側の皮膚を縫い合わせます。

その皮膚の性状のギャップがキズ痕として認識されやすくなります。皮膚切除幅が大きいほどギャップが大きくなります。

実際の患者さんモデルを見てみます。

まぶたの縁が眼瞼挙筋でしっかり上がります。まぶたの前葉(表側)がまぶたの縁を覆うように被さります。

通常の重瞼部分からのアプローチか、眉下切開が適応になります。

今回は「キズはあまり気にしない」という太っ腹なご意見より、眉下切開を選択しました。

上眼瞼リフトの術前術後の写真。眉下切開。
上眼瞼リフトの術前術後

 

眉下切開による上眼瞼リフトのきずあとの写真
眉下切開のきず。

普段は眉毛が瘢痕にまたがるようにかぶさるのでほとんど目立ちません。このキズを指摘できた人がいたら相当な観察眼の持ち主と言えるでしょう。

このように眉を持ち上げると瘢痕は顔を出します。

睫毛がわの皮膚がやや黄色がかっています。そして、眉毛のうぶ毛が縫合線を境に消失しています。

傷が目立たないようにする対策は?

女性はメークをするのがベストです。したがって、普段の眉メークの縁に沿った切開デザインにします。

男性はある程度自然に眉を伸ばしてカモフラージュしましょう。

女性は注意が必要!

実は、この手術の後に眉の位置が変化(眉が下がる)ことがあります。その結果、術前に眉を描いていた位置もより上方(頭頂側)に眉を描くことになる場合があります。

その結果・・・・・眉メークと切開瘢痕が離れてしまいます。

今後はこれが課題です。

女性は眉が落ちすぎないほうが良いので眉上切開も考慮されるべきでしょう。

この度は眼瞼下垂症啓発目的に写真使用にご承諾いただきました。ありがとうございました。皆様のご協力のおかげで皆様に情報をご提供することができます。(埼玉県の患者様)

 

 

眉下切開による上眼瞼リフトのきずあとの写真
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。


まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG