TAG

before and after

  • 2020年9月18日
  • 2020年9月24日
  • 0件

眼瞼下垂手術を受けるなら、まぶたの前葉・後葉を理解しなくてはならない アニメGIFつき

眼瞼下垂診療で毎度説明差し上げる項目になっています。それはまぶたの厚みです。 「眼瞼下垂の手術をしたのに、たるみが残ってる😤」というのも事前の理解不足が引き起こす訴えです。 これを理解せずに手術をうけてはいけません。 自分がどのタイプの眼瞼下垂かをあらかじめ知る必要があるのです。 それによって、どのような手段があるのかが決まります。と〜っても大事な話です。 今回の記事では、まぶたの構造(前葉と後葉 […]

  • 2020年7月24日
  • 2020年7月30日
  • 0件

80歳以上でも眼瞼下垂手術は可能

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。 「もうこの歳まで生きてきたし、このままでいいかなあなんて…」 こうやって悩んでいる人に限って、重度の眼瞼下垂。機能的な視力を失いつつあります… 手術の怖さもあるのでしょう。 しかし、最近の80歳の方は若いです。まだまだ社会で現役です。 チャンスはありますよ。 80歳以上の眼瞼下垂手術 加齢性の眼瞼下垂は、いわゆる挙筋前転法で治療を行います。 しかし、高齢者の […]

  • 2020年7月17日
  • 2020年8月13日
  • 0件

偽性眼瞼下垂症の手術方法は複数。眼瞼下垂手術か、上眼瞼リフト(眉下切開)か?

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。 普通の眼瞼下垂手術(挙筋前転法)か上眼瞼リフト(眉下切開)か悩むケースは少なくありません。 今回は皆さんにお聞きします。以下の患者さんはどちらの術式が適していると思いますか? 偽性眼瞼下垂症の治療 このケースの所見。 まぶたの後葉はしっかり挙がる 皮膚の弛緩が主体 眉をほぼMAXで持ち上げている わかりますか? 皮膚のたるみが著明で、視野を妨げています。 ず […]

  • 2020年6月26日
  • 2020年10月22日
  • 0件

緑内障点眼で眼瞼下垂になる、「プロスタグランジン関連眼窩周囲炎:PAP」とは?

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。 緑内障治療をしている患者さんの眼瞼下垂相談が増えています。因果関係はあるのでしょうか? 実は眼科からも緑内障の薬で目周りの皮膚にトラブルが起こることが報告されています。緑内障点眼によって起こる複数の徴候が一般の眼瞼下垂にみられる徴候がオーバーラップしています。 それは目の落ち窪みと下三白眼。 緑内障治療薬点眼と眼瞼下垂との関連について、ふたりのモデルケース( […]