眼瞼下垂症に左右差がある場合の治療の選択肢

左右差のある眼瞼下垂について

腱膜性眼瞼下垂は構造の破綻現象です。年月の経過とともに徐々に進行しますが、左右とも進行スピードは同じくらいです。

しかし、生まれつきの左右差やまぶたを擦る習慣に左右差があると下垂の進行に左右差が生じます。

ゆう
左右差があると下垂が顕在化しやすく、自覚が早くなり、幸運?にも治療の機会が早く訪れます。そういう意味ではラッキーかも?

実際の患者さんモデルでbefore and afterと動画を御覧ください。

左右差のある眼瞼下垂症の治療前後before-afterの写真
左右差のある眼瞼下垂症手術後1年

右の下垂は一目瞭然ですが、左も下垂が見られます。

この場合の治療の手順として、2つの選択肢があります。

(1)右の下垂の治療を先にしてから、左の下垂の程度を評価して左の治療を行う。

(2)左右同時に手術治療を行う。

の選択肢があります。

メリット・デメリットは、

(1)の左右別々に治療をするとダウンタイムが倍になります。しかし、右の治療後に左の治療は不要と感じればそれで終わりでOKとなります。

この度の患者さんは、

”左の治療が不要になるというシナリオ”が想定されない程度に左の下垂を認めましたので、左右同時に治療を行いました。

手術所見

  • 眼瞼挙筋は健康そのもの。
  • 右のほうが開瞼抵抗が発達していた。
  • 開瞼抵抗を外しつつ、破綻した構造を修復。

結果、イキイキとした明るい目になりました。さらに、まぶたを開ける努力が不要になるのが良く分かります。

左右差のない眼瞼下垂も、左右別々の時期に治療を行うことも有ります。

眼瞼下垂症啓発目的に写真と動画を使用することを承諾頂きました。ありがとうございます。(埼玉県の患者様)

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG