眼瞼下垂症に左右差がある場合の治療の選択肢 片方だけ治療?それとも両側?

もともと左右差のある眼瞼下垂について

腱膜性(退行性)眼瞼下垂は構造の破綻現象です。

年月の経過とともに徐々に進行します。下垂の進行スピードは、左右でまあ同じくらいです。

しかし、生まれつきの左右差やまぶたを擦る習慣に左右差があると下垂の進行に左右差が生じるのです。

ゆう
左右差があると下垂が顕在化しやすく、自覚が早くなり、幸運?にも治療の機会が早く訪れます。そういう意味ではラッキーかも?

実際の患者さんモデルでbefore and afterと動画を御覧ください。

右重度の下垂術後
左右差のある眼瞼下垂術後1年

右の下垂は一目瞭然ですが、実は、左も眼瞼下垂があると判断しました。

本ケースの治療の手順として、2つの選択肢があります。

(1)右の下垂の治療を先にする。後日、左の下垂の程度を評価して左の治療を行う。

(2)左右同時に手術治療を行う。

の選択肢があります。

各々のメリット・デメリット

(1)一番の利点は、右の治療後に左の治療は不要と判断すれば、それで終わりでOKとなります。つまり片方だけで済むので負担も半分です。人前に出る職業の人は眼帯でカモフラージュできるメリットもあります。

欠点はデザインで制約を受けることです。手をつけない方のまぶたのカタチ(ふたえの谷間の高さ)に極力合わせる必要があります。特に一重(ひとえ)まぶたの人は左右を揃えるのが困難です。

また、もう片方の手術が必要となった場合、先に手術した方のデザインと100%同じに出来ないことです。これは皮膚は伸び縮みする組織だからです。定規で測定してデザインを記録したとしても、月日が経過すると変わってしまうのです。つまり再現性にも乏しいと言えます。

もう1つの欠点は結果的にもう片方の手術が必要になればその分のダウンタイムが必要になることです。

(2)左右同時の場合はダウンタイムをまとめることができます。デザインにも幅があります。一重まぶたの人は二重(ふたえ)に出来ます。目視でデザインの左右差を確認できます。

欠点は、必要以上の治療になっている可能性が捨てきれないことです。

この度の患者さんは、

「右の治療をすると左の眼瞼下垂が顕著に表れる(感じられる)」と判断しました。そこで左右同時手術を選択されました。なお、この時点でも「右だけ手術を受ける」という選択も十分にあり得ます。

手術所見

  • 眼瞼挙筋は健康そのもの。
  • 右のほうが開瞼抵抗が発達していた。
  • 開瞼抵抗を外しつつ、破綻した構造を修復。

結果、イキイキとした明るい目になりましたね。さらに、まぶたを開ける努力が不要になるのが良く分かります。しかし、この選択が正解だったかどうかは不明です。この点は注意ですね。

左右差のない眼瞼下垂も、左右別々の時期に治療を行うこともあります。
※眼瞼下垂症啓発目的に写真を使用することに同意いただきました。ご協力ありがとうございます😊
尚、当記事は特定の手術をプロモートするものではありません。まぶたの生理学を追究するものであり、いち形成外科医が考察する雑記であります。皆さんと情報を共有し、まぶたの真理を追究することが目的です。手術自体はリスク(出血、傷が残る、左右差、違和感など)があり、慎重に検討されるべきです。

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

右重度の下垂術後
最新情報をチェックしよう!