CATEGORY

埼玉県

  • 2019年6月2日
  • 2019年9月17日
  • 0件

埼玉県で眼瞼下垂症手術をしている医療機関を探す方法

埼玉県で眼瞼下垂症の治療が受けられる医療機関は? 名無し 埼玉県で眼瞼下垂症手術を受けられる病院を探していました とよく言われます。埼玉県民にとって、病院選びは大変。悩みのタネです。 インターネットで検索しても広告っぽいサイトばかり目立ちます。病院選びのヒントをお教えしますね。 眼瞼下垂症手術をする診療科は形成外科と眼科 形成外科の開業クリニック:「〇〇形成外科」「〇〇形成クリニック」「〇〇美容外 […]

  • 2018年3月2日
  • 2018年9月25日
  • 0件

医師不足ナンバー1の埼玉県の医師はここにいた!埼玉県医学会総会へ参加

会場は埼玉県県民健康センターです。県庁の隣。 浦和駅から私の脚(きゃく)で10分です。道のりには老舗がチラホラ…よそ見してしまいます。 埼玉県医学会総会の特徴 埼玉県医師会主催の学術集会 埼玉県内の医師が集まり、研究や症例の報告をし、議論する 研修医の発表の登竜門でもある 「200を超える発表があり、増えました!」とのことです。活気が出てきたようですね。 参加者はM字 経験豊富そうな年齢がしっかり […]

  • 2017年6月20日
  • 2019年8月20日
  • 1件

逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)の治療は?

まつげが目の表面にあたってしまう「逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)」。目の表面を刺激して傷つけてしまいます。対処が必要です。 患者さん 下まぶたの逆さまつげの治療情報がネット上でほとんど見つけられなかったんです・・・・ とある、内反症の患者さんの声でした。そういえば、「逆さまつげ」をこのブログで取り上げたことはほとんどなかったことに気づきました。失礼いたしました。 「逆さまつげ」は3種類 […]

  • 2017年6月5日
  • 2019年8月20日
  • 0件

まぶたの重さに対してボツリヌス毒素注射を

  かなざわ そこのあなた、しかめ面になってませんか? 千春皮フ科でボツリヌス毒素注射してます A型ボツリヌス毒素 顔面けいれん、眼瞼けいれん、斜頸、拘縮、斜視、多汗症の治療に利用されています。日本で承認されてから、かれこれ20年くらいになる実績のある治療薬です。 ボトックスの薬理作用 神経終末からのアセチルコリンの放出を抑えて、筋肉の収縮を促すシグナルが筋肉に届かないようにします。その […]

  • 2017年5月16日
  • 2019年8月4日
  • 0件

小物撮影(ブツ撮り)に挑戦

手術に使う道具ってどんなものか見てみたいと思いませんか?よし!小物撮影に挑戦です! 🙂 カメラ:canon EOS6D レンズ:canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM フラッシュ:スピードライト600ex-rt 対象:へガール持針器、アドソン鑷子、縫合用針糸 小道具:ベルベット生地の布(黒)、木のキューブ いずれも東急ハンズ(池袋)で購入。 1/80s f/8.0 ISO80 […]

  • 2017年5月5日
  • 0件

ホフマン輪窯で明治近代化を感じる

こんにちは、金沢です。 埼玉県深谷市と言えばレンガの街。かつての東京駅にレンガを供給したのは有名な話。レンガ工場跡が保存されています。日本の明治近代化というとレンガを連想しませんか? 日本煉瓦製造株式会社 深谷駅から4キロほど北に向かった上敷免(じょうしきめん)というところ。埼玉県深谷市出身の渋沢栄一さんが立ち上げに関わりました。 ホフマン輪窯 レンガを焼く窯(窯)がかろうじて残されています。当時 […]

  • 2016年6月2日
  • 2019年8月20日
  • 0件

埼玉県でまぶたを専門的に治療できる医療機関はどこ?

こんにちは、金沢です。 「まぶた治療のできる病院はどこ?」まぶた治療を検討しているものの、身近にまぶた治療のできる病院やクリニックが見つからないというあなた。さらにその中から信頼できる医師を探すのは途方にくれる作業になります。ここ埼玉県で治療を受ける施設を探すヒントは?。 まぶた治療(眼瞼下垂症、逆さまつげの治療)ができるのは形成外科、眼科 眼瞼下垂症に、逆さまつげ。これを治療する、診療科です。 […]

  • 2016年4月28日
  • 2019年1月5日
  • 0件

最先端医療でありながらほんのり癒される空間、千春皮フ科クリニック

こんにちは、さいたま市の金沢です。潜入レポート@千春皮フ科クリニック。 埼玉県で美容皮膚科と言えば、さいたま市の千春皮フ科クリニック。浦和駅東側(パルコ側)。交叉点渡った角の、鏡のような7階建ビルの5階。浦和駅のホームから見えるかも。 千春皮フ科クリニックの院長は渡邊千春先生 canon EOS 6D ;EF24-105mm f/4L IS USM; speedlite 600EX-RT; Lig […]

  • 2016年2月7日
  • 2017年6月6日
  • 0件

きずあと修正・・・W形成術の落とし穴

こんにちは、金沢です。 お顔のきずあとは心の傷になります。傷ができたら必ず「瘢痕」という皮膚とは似て非なる組織に置き換わります。これはヒトの宿命。瘢痕は現在の科学技術で消失させることができません。従って形成外科で行われる治療は「いかに目立ちにくくするか」に着目します。 きずあと修正手術 W形成術とは? シワに沿った線状のきずあとは目立ちにくいです。一方、シワをまたぐような方向の線状のきずあとは目立 […]

  • 2015年9月21日
  • 2019年1月6日
  • 0件

まぶたの知覚神経|眼瞼下垂症

  Photo: undefined by Internet Archive Book Images   おおたけ眼科上尾医院での眼瞼下垂症手術の際の出来事です。 「いたた」 手術中に高周波ラジオ波のメスで切るときに痛みを感じたそうです。 「私は痛がりなもので・・・・」 私に気を使ってくださった一言でした。 もともとまぶたが一重で厚ぼったいヒトは眼輪筋や眼輪筋下脂肪、眼窩隔膜と […]