下眼瞼内反症とは。その問題点と、治療方法。最終手段は手術。

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。

「歳をとって目がショボショボするようになってきた」

これ、いわゆる逆さまつ毛の場合があります。自分で気づいていないんですね。眼科で指摘されます。

放置しておいても良いのでしょうか?

加齢性の眼瞼内反症

右左どちらか、もしくは両方のしたまぶたがクルンと内反(内向きに回転)して下まぶた自体が目の中に入り込みます。「逆さまつげ」の一種です。

生まれつきの睫毛内反(逆さまつ毛)とは違います。ここは注意。

睫毛内反症は眼瞼に異常はなく、先天的に睫毛のみが内反し、…(略)…、一方、眼瞼内反症は睫毛の生える方向は正常であるが、瞼板や眼球・瞼結膜の関係で眼瞼縁が内反し、睫毛が角膜に触れるようになったものである。

引用:日本形成外科学会ガイドライン

加齢性の眼瞼内反症の原因は?

  • 眼球が後退し、下まぶたの横方向のテンションが弱まる。横方向の長さが余る。
  • 下まぶたを下に引っ張る下眼瞼牽引靭帯(LLR)がまぶたの皮膚を引っ張る力が眼瞼後葉に比べて相対的に弱くなる。
  • 下まぶたの皮膚が余る。
  • 下まぶたの縁の眼輪筋の緊張が強くなる。
  • したまぶたミュラー筋の緊張が強くなり、眼瞼前葉にくらべて後葉を引っ張る力が強くなる。

これらの要因が複合的に作用します。(参考:「眼手術学」文光堂、「眼形成外科」葵メディカル出版)

眼瞼内反症の問題点は?

  • 目の表面を刺激することによる違和感、いたみ・かゆみの症状
  • 涙が多く出る
  • 目やにが多い
  • 目の表面が傷つく:視力への影響
  • 眼輪筋の緊張亢進

眼瞼内反の対処法は?

  • まつげの抜去(永久脱毛も)
  • 手術

まつげの抜去は痛みはそれほどでもないようですね。ただ、自分で抜去しようとして途中で切れ、切り株になると目の表面をちくちく刺激します。眼科の医師が抜去してくれることが多いです。

眼瞼内反の手術法は?

  • 皮膚切除
  • まつげ近くの皮膚を瞼板に縫い付ける(Hotz法)
  • 眼輪筋(瞼板前)を部分切除する
  • 眼輪筋や外し靭帯を眼窩外側骨膜へ牽引固定する
  • 下眼瞼牽引靭帯(LLR)をまつげ近くの皮膚に縫い付ける
  • 下眼瞼牽引靭帯(LLR)を瞼板から外す
  • 下まぶたミュラー筋を瞼板から外す
  • (埋没法もあるらしい)

などの手技を組み合わせます。絶対コレで治るという単一の手技はありません。。。睫毛内反症の手術と同じです。

受診する診療科は?

眼科か形成外科です。

手術の問題点は?

睫毛内反症の手術と同じです。

  • 再発の可能性
  • 過矯正(外反)
  • 傷が露出し、くぼむ
  • 睫毛乱生
  • ダウンタイム(腫れと内出血)

眼瞼外反症は避けるべき合併症です。これを予防するためにも矯正が甘めになることもあり、すなわち再発(後戻り)も起こりやすくなるわけですね。

関連記事:『🏥目尻の白いスジは何?目がしょぼしょぼしているのは逆さまつげかも?』

下眼瞼内反症の患者さん1

頑固な眼瞼内反症です。これはつらい!目の表面が終始刺激され続けます。

  • 皮膚切除
  • 下眼瞼牽引靭帯の付け替え
  • 眼輪筋(瞼板部)の部分切除
  • 眼輪筋や外し靭帯を眼窩外側骨膜へ牽引固定

を行いました。

下眼瞼内反術前術後
左下まぶたがクルンと中に入ってしまうのが分かる
下眼瞼内反術前術後
左斜めから。これは目が痛い💦
ゆう
下まぶたの切開瘢痕が窪んでいるのが分かります。もう少しマイルドにできたらいいなあ

下眼瞼内反症患者さん2

「涙が止まらない…」

目尻に白いスジ(涙の跡)ができていました。眼科医師から手術を勧められるも怖くて逃げていたそうです。

眼瞼内反術前
まつ毛がペトリと目についています💦

局所麻酔で両目で40分。抜糸は1週間後。ダウンタイム(腫れや青あざが目立つ期間)も相応にあります。

でもその結果(半年後)、

眼瞼内反術後
ウルウルの症状から解放

無事に経過しているようです。

おまけ:目のキズの検査はフルオレセイン

関連記事:『眼瞼内反症の診察で目のキズをチェックする色素』 この記事を参照してください。

逆さまつげの治療後
フルオレセインの色が少し見える

コレで終わりなのか?

しかし、ここで油断はできません。私金沢の不安がまだあるのです。

「下まぶたの内反」は基本的には加齢による現象。頭蓋骨の萎縮による眼窩(目玉の入るソケット構造)容積の拡大、目周りの解剖の萎縮も相まって、眼球が落ちくぼみます。

その結果、下まぶたの縦方向、上下方向、さらに前後方向の余り現象(3次元ですね)が起きるのです。さらに眼輪筋の緊張バランスの崩れや、下眼瞼を奥へ引っ張るスジの過緊張や緩み、などなども重なり、内反が強まるのです。

残念ながら、手術ではコレらの要素全てを修復できるわけではありません。そして、矯正が強すぎると外反(あっかんべー)することもあるのです。そのため、矯正の度合いも加減する必要があります。

その結果、再発することがあるのです。

今もなお、形成外科医師の間で議論になります🤔「このスジの連結は外した方が良いのでは?」「ここはしっかり連結を作った方が。。」とかね。

この患者さんも「今」はいいのです。でもコレからはまだ分かりません。

まとめ

以上、

  • 加齢性の逆さまつ毛は眼瞼内反である
  • 放置すべきでない
  • 手術は有効だが、再発もありうる
  • 実際のモデル症例

を提示しました。

さて、あなたは、

  • 眼瞼内反の起こるメカニズムが理解できましたか?
  • 加齢現象だと知っていましたか?
  • 手術は複雑であると理解できましたか?

※眼瞼内反(逆さまつげ)でお悩みのかたのために、写真を使用することを承諾いただけました。心より感謝申し上げます。

尚、当記事は特定の手術をプロモートするものではありません。まぶたの生理学を追究するものであり、いち形成外科医が考察する雑記であります。皆さんと情報を共有し、まぶたの真理を追究することが目的です。手術自体はリスク(出血、傷が残る、左右差、違和感など)があり、慎重に検討されるべきです。

 

CTA

「眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではない」ってご存知ですか?

あなたのカラダは乗り換えのできない唯一の一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\1週間だけ集中して講座を受けてみませんか?//

メール講座のご案内はこちら!

「さらに詳しい情報をしっかり学んでみたい」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

下眼瞼内反症
最新情報をチェックしよう!