フルオレセインで目のキズをチェック

緑に染まるシカゴ川
歳をとって現れる「逆さまつげ」

退行性眼瞼内反症(たいこうせいがんけんないはんしょう)

下まぶた自体がくるりと内向き(眼球側に)まくれ込んでしまいます。
その結果、まつ毛や皮膚そのものが眼球に触れるようになります。
ショボショボ感が強くなります。目の表面に異物が入っているようなものですからね。
目がショボショボするということは、表情もそんな感じになるのです。
  • 眩しそう
  • しかめ面
  • 悩みのあるような

そんな表情です。

関連記事:『加齢性の逆さまつげ、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは?その治療法は?』

フルオレセイン検査

目の表面が傷ついていないかどうかを評価する検査です。
フルオレセイン蛍光色素を点眼し、青色光を当てると傷の部分が光ります。
軽傷では目に見えない傷ですが、重症化するとびらん、潰瘍に至ります。
重症度は自覚症状とも一致しないので、検査での評価が必要です。
したがって検査の直後は白目が黄色っぽく見えます。

シカゴ川を染めているのもフルオレセインだった?

年に一度、川を真緑に染める行事(聖パトリックの日)があるようです。これが冒頭の写真です。

毒々しいですね😨川の生き物たちは大丈夫でしょうか?心配になります。

ちなみにバスクリンの色もフルオレセインだとか。

株式会社バスクリン

株式会社バスクリンはバスクリン、きき湯、日本の名湯、ソフレなどの入浴剤をはじめ、育毛剤・ヘアケア用品など快適で心地よい暮…

あと、カナダでもフルオレセインを河川調査として川に流したり。。。

ロケットニュース24

去年の暮れ、カナダのバンクーバー島で目を疑いたくなるような光景が広がった。なんと川全体が緑一色に変わっていたのだ! その…

 

実際のモデル患者さん

眼科医より「角膜(目の表面)に傷があります」と指摘されました。
逆さまつげの治療後
フルオレセインの色が少し見える

下まぶたのまぶたの向きを治す手術を行いました。

目のキズが治り、ショボショボ感も解消しました。まつ毛のすぐ下にキズが残りました。

ご覧ください。目の表情の変化を。

ショボショボ感が減るだけで楽に目を開くことができるようになった模様(個人的感想)。

 

※眼瞼治療啓発目的に写真を使用することに同意いただきました。ご協力ありがとうございます😊
尚、当記事は特定の手術をプロモートするものではありません。まぶたの生理学を追究するものであり、いち形成外科医が考察する雑記であります。皆さんと情報を共有し、まぶたの真理を追究することが目的です。手術自体はリスク(出血、傷が残る、左右差、違和感など)があり、慎重に検討されるべきです。

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

逆さまつげの治療後
最新情報をチェックしよう!