🏥目尻の白いスジは何?目がしょぼしょぼしているのは逆さまつげかも?

目尻の白いスジ
目尻の白いスジは何?

右目尻に「白いスジ」ができていますよ。

何が起きているのでしょう?ヒントは患者さんのコメント。

女性のアイコン イラスト
患者さん
涙が常にうるうるしているんです

目尻に涙がたまり、その涙が目尻に流れて蒸発し、白いスジを作っていたのです。

診断は「下眼瞼内反症」(かがんけんないはんしょう)

逆さまつげが目の表面を刺激し、ゴロゴロします。その異物感に対して、カラダは涙を多く分泌して目を守ろうとします。

放置すると目の表面を傷つけます。傷ついた角膜(黒目の表面)を観察した眼科医が「手術が必要です」と判を押します。

目玉を守るはずのマブタが反乱しているのです。このヤロ〜😤ですね!

患者さん
手術はやだよ〜

と逃げ回っていた患者さんもついには観念します。

下眼瞼内反の写真
涙の白いスジが見えますか?

局所麻酔で両目で40分。抜糸は1週間後。ダウンタイム(腫れや青タンが目立つ期間)も相応にあります。

でもその結果(半年後)、

眼瞼内反の手術後
目尻の白いスジはできなくなった

無事に経過している様子。

コレで終わりなのか?

しかし、ここで油断はできないのです。ここで私金沢の不安がまだあるのです。

「下まぶたの内反」は基本的には加齢による現象。頭蓋骨の萎縮による眼窩(目玉の入るソケット構造)容積の拡大、目周りの解剖の萎縮も相まって、眼球が落ちくぼみます。

その結果、下まぶたの縦方向、上下方向、さらに前後方向の余り現象(3次元ですね)が起きるのです。さらに眼輪筋の緊張バランスの崩れや、下眼瞼を奥へ引っ張るスジの過緊張や緩み、などなども重なり、内反が強まるのです。

残念ながら手術ではコレらの要素全てを修復できるわけではありません。そして、矯正が強すぎると外反(あっかんべー)することもあるのです。そのため、矯正の度合いも加減する必要があります。

その結果、再発することがあるのです。

関連記事

加齢性の下まぶた内反症。下まぶたが皮膚(と瞼板)ごと目の中のほうにくるりとめくれ込んでしまう病態です。どのような治療法があるでしょうか?[caption id="attachment_3571" align="aligncenter[…]

左下眼瞼内反症の治療前後の左斜めからの写真。

今もなお、形成外科医師の間で議論になります🤔「このスジの連結は外した方が良いのでは?」「ここはしっかり連結を作った方が。。」とかね。

この患者さんも「今」はいいのです。でもコレからはまだ分かりません。

金沢のイラスト
かなざわ
よりシンプルで根治性が高く、患者さんの負担の少ない治療法を追究したい!

まだまだ完成には至りませんが、かつてに比べれば手術術式は洗練されてきていると実感します。

まず、角膜(目の表面)に傷のある患者さんは治療が必要です。眼科でしっかり見てもらってくださいね。

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG