「下まぶたの逆さまつげ」の手術の傷跡はしばらく赤くなります

手術で皮膚を切ると、傷跡はしばらく硬く、赤くなります。全ての部位の皮膚で、切開した傷は例外なく赤く硬くなる時期があります。

そして、半年から1年程度経て、元の肌色と柔らかさを取り戻していくのです(傷は残ります)。

傷の赤みについて

傷が治るプロセスで起こる反応

傷が治るプロセスで、コラーゲンの塊が形成され、組織を修復する細胞たちが集まってくるのです。足場が建設されて、そこに人材やショベルカー、ブルトーザーがやってくるのです。この時期が赤く、硬くなる時期です。みんなで「わっしょいわっしょい」と復旧作業をするのです。

組織が修復されると、コラーゲンの塊は分解され、土建業者は見当たらなくなり、落ち着きを取り戻していきます。

まぶた手術の場合

まぶたの手術の場合も例外に漏れません。かならず傷は赤くなります。目周りは見た目に大きく影響するので、傷の赤みの強いときはナイーブになりますね。

上まぶたの場合、傷は二重(ふたえ)の谷に合わせます。すると目を開けているときは引っ込んで目立ちませんよね。ところが下まぶたの場合はどうでしょう?

そうです。残念ながら隠すことができません。思い切り露出してしまうのです。だからひたすら待つしかありません。最終的にはむしろ上まぶたよりも目立たなく綺麗に治るのですが。。。。

「若い人ほど赤みが長引く」

こう言うと多くの人に驚かれます。「若いから回復が早いはずでは?」ってね。残念ながら「逆」なんです。高齢な方は比較的早く傷の色が落ち着いていきます。若い人の方が土建業者の血の気が多いのです。もちろん個人差もおおきいです。

実際のモデルケース

下まぶたの逆さまつげ
下まぶたの逆さまつげの術後。赤みが長引いてます

下まぶたの睫毛内反症(さかさまつげ)です。まつげが眼球にあたり、目の表面を刺激します。生まれつきの障害です。

関連記事

まつげが目の表面にあたってしまう「逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)」。目の表面を刺激して傷つけてしまいます。対処が必要です。[caption id="attachment_3573" align="aligncenter"[…]

睫毛内反の手術治療前後の写真

目のしょぼしょぼ感、痛みがあります。自分で睫毛を抜いたり、コンタクトレンズで目の表面を保護してしのぎます。眼科医により、角膜のキズを指摘され、手術治療の必要性を説明されます。

この患者さんも「逆さまつげの手術」をしました。若い若い患者さんですから、赤みが続くことは想定済み。とは言え、半年経ってもまだまだ赤みが残っています。つらいですね。

どうか失望せず、待ってください。必ず赤みは退いてきます!

睫毛内反(逆さまつげ)でお悩みのかたのために、写真を使用することを承諾いただけました。心より感謝申し上げます。(埼玉県の患者さん)

 

 

 

下まぶたの逆さまつげ
最新情報をチェックしよう!
>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”眼瞼下垂治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”

安全に治療を受けるためには事前の情報収集が不可欠です。

”講師金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?その経緯は?”
”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

個人的な体験、解釈、裏話もあります。

まぶた教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG