SEARCH

「ダウンタイム」の検索結果21件

  • 2018年12月28日
  • 2019年1月5日
  • 0件

🏥目尻の白いスジは何?目がしょぼしょぼしているのは逆さまつげかも?

右目尻に「白いスジ」ができていますよ。 何が起きているのでしょう?ヒントは患者さんのコメント。 患者さん 涙が常にうるうるしているんです 目尻に涙がたまり、その涙が目尻に流れて蒸発し、白いスジを作っていたのです。 診断は「下眼瞼内反症」(かがんけんないはんしょう) 逆さまつげが目の表面を刺激し、ゴロゴロします。その異物感に対して、カラダは涙を多く分泌して目を守ろうとします。 放置すると目の表面を傷 […]

  • 2018年11月2日
  • 2019年1月4日
  • 0件

まゆのアートメークを直しつつまぶたを持ち上げる手術|上眼瞼リフト

「まぶたの手術って二重になるんでしょ?ふたえの線で切るんでしょう?」 そのとおり、まぶたの手術ではふたえの線で切開することが多いです。しかし、近頃は眉下を切開してまぶたを持ち上げる手術も普及してきました。 上眼瞼リフト、眉下切開、眉下皮膚切除 眉下の皮膚を取り除くことでまぶたのたるみを解消します。まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)はしっかり働いて機能しているのに、まぶたの前葉(皮膚と眼輪筋)が持ち […]

  • 2018年8月10日
  • 2019年1月6日
  • 0件

どうしてアトピー性皮膚炎で眼瞼下垂症になるの🤔?

患者さん アトピー性皮膚炎で子供の頃から目をよく擦っているんです。そしてまぶたが重いんです。 ゆう 確かに。肌もガサガサして、しみっぽいですね。擦っているのが分かります。 なぜアトピー性皮膚炎で眼瞼下垂症になるのか? まぶたへの物理的な刺激が眼瞼下垂症を悪化させることはご存知の通りです。 まぶたの怪我 コンタクトレンズの長期着用 まぶたのメークをする習慣 目の手術の時の開瞼器の使用 などなどです。 […]

  • 2017年11月3日
  • 2019年1月5日
  • 0件

「切らない眼瞼下垂手術」の修正は可能か?

「切らない眼瞼下垂手術の経過が思わしくない・・・」 「切らない眼瞼下垂手術」って? ざっくりいうと、 まぶたの下がり(眼瞼下垂症)を治す手術 まぶたを持ち上げるスジを縫い縮める まぶたの裏側からアプローチする まぶたの皮膚表にキズができないメリットがあります。 「切らない眼瞼下垂手術」による改善効果が一時的な事が多いのはなぜか? まぶたを持ち上げる動力を伝える材料としてミュラー筋や結膜を利用します […]

  • 2017年9月19日
  • 2019年1月3日
  • 0件

眼瞼下垂の手術は片方ずつ?左右同時?

「まずは右から、そしてその1ヶ月後に左の手術をしましょう。」 「左右同時に手術しますよ。」 受診する医療機関によって、この2パターンに分かれます。(前提として、左右のまぶたの治療が必要である場合です。) まぶた手術。左右同時、別々の日程、どちらが良い? 患者さんの社会的負担の点からは同時手術を希望されることが多いでしょう。なぜならば仕事を休む期間を最小限にしたいからです。 一方、医療機関側はあらか […]

  • 2017年8月29日
  • 2019年1月5日
  • 0件

上まぶたの内反症(ないはんしょう:逆さまつげの一種)は下まぶたと治療が違います

上まぶたの眼瞼内反症(がんけんないはんしょう:逆さまつげの一種)は目の表面をまつ毛が目を攻撃します。痛いです! まずは写真をご覧ください。左上まぶたの内反症です。まつ毛が目の表面に向けてニョキニョキ伸びています。 まつ毛の硬い先端が目の表面(角膜)をツンツンつついて傷をつけてしまいます。 上まぶたの眼瞼内反症(entropion) 眼瞼内反症は逆さまつげの一種で、まぶたのトラブルです。本来外向きに […]

  • 2017年7月4日
  • 2019年1月10日
  • 0件

まぶた手術後にダウンタイムを最短にして一刻も早く社会復帰する方法

眼瞼下垂症手術や逆さまつげの手術をすると、まぶたがプックリ腫れます。青い内出血の色がつくこともあります。見た目が痛々しいこの期間をどのようにしのげば良いのでしょうか?なるべく短時間で落ち着いてくれれば社会復帰も早まりますよね。腫れと内出血の経過と、その対処法(すべきコト、すべきでないコト、裏技)をお伝えします。 まぶた術後に一刻も早く社会復帰するために ダウンタイムとは? 一般的に「ダウンタイム […]

  • 2017年6月23日
  • 2019年1月4日
  • 0件

加齢性の逆さまつげ、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは?その治療法は?

加齢性の下まぶた内反症。下まぶたが皮膚(と瞼板)ごと目の中のほうにくるりとめくれ込んでしまう病態です。どのような治療法があるでしょうか? 今回は加齢性の眼瞼内反症を取り上げます 右左どちらか、もしくは両方のしたまぶたがクルンと内反(内向きに回転)して下まぶた自体が目の中に入り込みます。「逆さまつげ」の一種です。 加齢性の眼瞼内反症の原因は? 眼球が後退し、下まぶたの横方向のテンションが弱まる。横方 […]

  • 2017年6月20日
  • 2019年1月5日
  • 0件

逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)の治療は?

まつげが目の表面にあたってしまう「逆さまつげ(睫毛内反:しょうもうないはん)」。目の表面を刺激して傷つけてしまいます。対処が必要です。 患者さん 下まぶたの逆さまつげの治療情報がネット上でほとんど見つけられなかったんです・・・・ とある、内反症の患者さんの声でした。そういえば、「逆さまつげ」をこのブログで取り上げたことはほとんどなかったことに気づきました。失礼いたしました。 「逆さまつげ」は3種類 […]

  • 2016年5月30日
  • 2018年4月22日
  • 0件

眼瞼下垂の各種術式のスペックを比較してみた

「切らない眼瞼下垂手術ってなあに?」最近よく聞かれる質問です。まぶたの裏(結膜側)から糸を通す術式です。まぶたの表の皮膚に切開縫合線の痕が残りにくく、ダウンタイムが短いメリットがあります。一方、切らない下垂手術の術後修正を求めて受診される方も今までに3名ありました。修正には皮膚切開が必要です。それぞれの術式について、複数の視点から比較・検討します。 眼瞼下垂の各種術式について各項目ごとに比較をしま […]

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG