SEARCH

「ダウンタイム」の検索結果25件

  • 2019年8月9日
  • 2019年8月9日
  • 0件

眼瞼下垂で、初めて受診してから通院のために何日空けておく必要があるか?

「どのくらいの日数がかかりますか?」 これは初診時の患者さんからよく聞かれる質問です。これはつまり、「実際に来院する日は何日必要か?」という意味です。普段よく話する「ダウンタイム(社会復帰するまでの期間)」とは異なります。 社会生活を営む人にとっては「時間」は重要なリソース。あらかじめ準備あるいは覚悟が必要です。 眼瞼下垂の治療を受けるまでと受けてから いざ、眼瞼下垂治療をしたいと考えだしてから、 […]

  • 2019年7月19日
  • 2019年7月28日
  • 0件

眼瞼下垂手術の押し売りはしません

「血糖値が高いから下げないとやばい」 「いますぐ入院しないと!」 「ガンだから手術が必要」 「いますぐ骨折の整復をしないと」 これらは緊急性のある医療行為です。 本人が嫌がっていても、本人のために、押し売り気味に医療行為を受けるよう促します。時間が経過するごとに事態が刻一刻と悪化し、取り返しのつかないことになるからです。 では眼瞼下垂症はどうでしょう? そうです。 「緊急性はない」 眼瞼下垂症の治 […]

  • 2019年2月22日
  • 2019年2月23日
  • 0件

自ら眼瞼下垂症手術を受けに行った、手術体験記

眼瞼下垂症の手術を受けると決めた 眼瞼下垂症診療をしていると、患者さんから様々な報告を受けます。肩こり・頭痛の変化にはもう驚きません。ですが、腰痛や膝の痛み・不眠が改善、手の震えが収まった・・・・など、予期せぬ変化報告を受けるにつけ、自分も体験したいとの思いが強くなるものです。それだけでなく、患者さんの体験をすることはその後のまぶた治療に大きく貢献するはずです。ついに、信州大学形成外科学教室松尾清 […]

  • 2019年2月5日
  • 2019年8月4日
  • 0件

まぶた手術後の腫れの期間を短縮する「シンエック」って?

顔の手術の後のダウンタイムを最小限にしたい! 顔の手術を受けた患者さん誰もが悩み、望むことです。1日でも早く社会復帰したいですものね。飲み薬として、傷の回復を早くすると言う「薬剤」に出会ったのです。神の薬??眼瞼下垂手術を日々している私は興味を持たないわけはありません。 アルニカ・モンタナ(Arnica montana) wikipedia 薬用ハーブです。ヨーロッパでは民間療法(代替療法)として […]

  • 2019年1月29日
  • 2019年3月29日
  • 1件

まぶた手術後のクーリングは効果なし??

「眼瞼下垂の手術終わったら、せっせとまぶたを冷やします〜」 それって意味のある行為なのだろうか? まぶた手術後のクーリングには腫れを早く退かせる効果はなかった まぶた手術後の冷却行為の「痛み、むくみ、あかみ、内出血」への影響 結果:当日の痛みは軽減したが、他は効果なしだった。 Pool, S. M., van Exsel, D. C., Melenhorst, W. B., Cromheecke, […]

  • 2018年12月28日
  • 2019年1月5日
  • 0件

🏥目尻の白いスジは何?目がしょぼしょぼしているのは逆さまつげかも?

右目尻に「白いスジ」ができていますよ。 何が起きているのでしょう?ヒントは患者さんのコメント。 患者さん 涙が常にうるうるしているんです 目尻に涙がたまり、その涙が目尻に流れて蒸発し、白いスジを作っていたのです。 診断は「下眼瞼内反症」(かがんけんないはんしょう) 逆さまつげが目の表面を刺激し、ゴロゴロします。その異物感に対して、カラダは涙を多く分泌して目を守ろうとします。 放置すると目の表面を傷 […]

  • 2018年11月2日
  • 2019年1月4日
  • 0件

まゆのアートメークを直しつつまぶたを持ち上げる手術|上眼瞼リフト

「まぶたの手術って二重になるんでしょ?ふたえの線で切るんでしょう?」 そのとおり、まぶたの手術ではふたえの線で切開することが多いです。しかし、近頃は眉下を切開してまぶたを持ち上げる手術も普及してきました。 上眼瞼リフト、眉下切開、眉下皮膚切除 眉下の皮膚を取り除くことでまぶたのたるみを解消します。まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)はしっかり働いて機能しているのに、まぶたの前葉(皮膚と眼輪筋)が持ち […]

  • 2018年8月10日
  • 2019年1月6日
  • 1件

どうしてアトピー性皮膚炎で眼瞼下垂症になるの🤔?

患者さん アトピー性皮膚炎で子供の頃から目をよく擦っているんです。そしてまぶたが重いんです。 ゆう 確かに。肌もガサガサして、しみっぽいですね。擦っているのが分かります。 なぜアトピー性皮膚炎で眼瞼下垂症になるのか? まぶたへの物理的な刺激が眼瞼下垂症を悪化させることはご存知の通りです。 まぶたの怪我 コンタクトレンズの長期着用 まぶたのメークをする習慣 目の手術の時の開瞼器の使用 などなどです。 […]

  • 2017年11月3日
  • 2019年7月13日
  • 0件

「切らない眼瞼下垂手術」の修正は可能か?

「切らない眼瞼下垂手術の経過が思わしくない・・・」 「切らない眼瞼下垂手術」って? ざっくりいうと、 まぶたの下がり(眼瞼下垂症)を治す手術 まぶたを持ち上げるスジを縫い縮める まぶたの裏側からアプローチする まぶたの皮膚表にキズができないメリットがあります。 「切らない眼瞼下垂手術」による改善効果が一時的な事が多いのはなぜか? まぶたを持ち上げる動力を伝える材料としてミュラー筋や結膜を利用します […]

  • 2017年9月19日
  • 2019年1月3日
  • 0件

眼瞼下垂の手術は片方ずつ?左右同時?

「まずは右から、そしてその1ヶ月後に左の手術をしましょう。」 「左右同時に手術しますよ。」 受診する医療機関によって、この2パターンに分かれます。(前提として、左右のまぶたの治療が必要である場合です。) まぶた手術。左右同時、別々の日程、どちらが良い? 患者さんの社会的負担の点からは同時手術を希望されることが多いでしょう。なぜならば仕事を休む期間を最小限にしたいからです。 一方、医療機関側はあらか […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”
当然です。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。
この講座はあなたをまぶた治療へ誘導するものでもありません。
むしろ適性のない人は諦めてもらうよう誘導するくらいです。
まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG