「顔面神経麻痺の後遺症でまぶたが上がらない」って、これ以上の治療は本当にないのか?担当医に見放されたあなたへ

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺の回復が不完全な人がいます。それが後遺症になります

顔面神経麻痺の後遺症でまぶたが重くなる

顔の表情筋が動かなくなることを「顔面神経麻痺」と言います。或る日突然、健康な人を襲います。

ベル麻痺(原因は様々)と呼ばれます。とくに帯状疱疹ウイルスを原因とする顔面神経麻痺をハント症候群(Ramsay Hunt syndrome)といいます。

主に耳鼻咽喉科で治療が行われます。多くの人は顔の動きが回復しますが、回復が不完全に終わる人もいます。とくにハント症候群によるものは回復が悪く、後遺症を残すことが多いようです。

表情筋の回復が不完全な顔面神経麻痺患者さんの後遺症ー非対称な顔

  • 麻痺が残る
  • 異常な共同運動(口を動かすとまぶたが閉じる)
  • 罹患した側の表情筋のこわばり(拘縮)

以上から、顔の表情が左右非対称になるのです。とくに口を開く時に目が小さくなる現象を「Marin-Amat症候群」と呼ぶこともあります。

顔面神経麻痺では麻痺側のほうれい線は浅くなります。しかし、後遺症の拘縮で麻痺側のほうれい線は”深く”なるのです。

神経再生のプロセスでエラーが起こる

機能不全の手足を失った神経は、改めて新しい枝を伸ばし始めます。その再生プロセスで間違った方向に伸びてしまい、上のような後遺症が起こります。

おまけに、

  • ご飯を食べるときに涙が出る(ワニの涙)
  • 顔を動かすと耳鳴り(あぶみ骨筋性)がする
  • 耳の後ろが凝る

という症状も現れます。

顔面神経麻痺後遺症の治療

症状が安定してから(半年以上経過)のお話です。顔面神経麻痺の後遺症はひとたび固定すると自然には治りません。残念なことに、多くの医師は患者さんに対する診療行為をここで「終わり」にしてしまいます。なぜなら治療手段が知られていないからです。下手したら「顔面神経麻痺の後遺症」という概念すら認識されていない場合もあります。

以下のサイトもハント症候群の概念や治療法については詳細に記されていますが、後遺症の治療は全く触れられていません。

Mayo clinic

MedicineNet.com

名無し
まぶたが上がらない」と担当医に訴えても、「これ以上の治療は無い」と相手にしてくれなかったんです

「鍼治療の医院が最後の受け皿になっている」というのが現状のようです。

後遺症は「見た目問題」だけでない

患者さんの訴えは「顔の非対称」です。「見た目問題」ですね。しかし、見た目だけでなく、日常生活に大きな障害となるものがあります。それは「上を見るのが困難」ということです。

上を見る時は眼球をくるっと上転させますね。そのときにまぶたもつられて上がります。その結果上の方が見えるわけです。眼瞼挙筋が収縮してまぶたを持ち上げるのですが、その瞬間は上まぶたの眼輪筋は弛緩(ゆるむ)するのです。

眼瞼挙筋はまぶたを上げて目を開く「アクセル」、眼輪筋は目を閉じる「ブレーキ」。アクセルが入るとブレーキが解除されるのが正常な動きです。

顔面神経麻痺後遺症では、その眼輪筋がこわばったままです。つまり「ブレーキ」が効いたままなのです。

おまけに挙筋腱膜のまぶたへの連結が弱い場合(多くの成人は連結が弱い)、挙筋が収縮してまぶたを引っ張り上げようとしてもまぶたがついてこないのです。「アクセル」の連結が悪い状態です。

サイドブレーキがかかったままです。連結がしっかりしていればサイドブレーキが引かれていても動きますが、挙筋の弱い大人は「発進」できません。以下の写真を見るとわかるでしょう。左が病側(顔面神経麻痺をかつておこした場所)です。最後にご紹介するモデル患者さんです。

顔面神経麻痺後遺症の写真

まぶたがついてこない

「あがらないまぶた」に対して形成外科医ができる治療

  • ボツリヌス毒素注射
  • 手術

ボツリヌス毒素注射は筋肉の力を弱める(麻痺させる)治療です。眼輪筋の力を弱め(ブレーキを弱め)、まぶたがあがりやすなります。効果は3〜4ヶ月あります。定期的に注射を行います。

手術では、眼瞼挙筋の連結を作ります。アクセルの機能を回復させる手術です。症例によっては眼輪筋やミュラー筋を処理します。まぶたがしっかりと上に持ち上がるようになります。

手術治療の限界を知っておくべき

しかし、顔の表情が元どおりになる治療ではありません。課題な期待は禁物です。あくまでまぶたを持ち上げやすくする治療です。なによりも神経の過誤支配(異常な経路で再生した神経)は治せませんから、異常共同運動や、ワニの涙現象は治りません。

今後の展望

ボツリヌス毒素注射とリハビリテーションを組み合わせ、神経のリモデリングを図る治療も試みられています。

顔面神経麻痺後遺症のモデル患者さん

数年前に左顔面神経麻痺(原因は詳細不明)。表情筋の動きはまずまずの回復を見せましたが、後遺症が残りました。

  • こわばり
  • 異常共同運動(口を動かすとまぶたが閉じる)
  • 麻痺がまだらに残る(目をしっかり閉じれない、瞬きができない)
  • ワニの涙(食事中に涙が出る)

を認めました。上の写真のように、上を見るときに左まぶたが上がりません。

行った治療

  • 左右の眼瞼下垂症手術(挙筋前転法)
  • 左眼輪筋の処理(切除)

ポイントは挙筋の前転は強くしないこと。もともと目を閉じる機能が弱っている状態です。アクセルの力が強すぎると、目を閉じにくくなるからです。手術のリスクは「目の乾き」です。

手術前後の写真です。

顔面神経麻痺後遺症のまぶた手術。正面視

正面視 術前と術後2年

顔面神経麻痺後遺症のまぶた手術。上方視

上を見た時。邪魔なまぶたが持ち上がるようになった

顔面神経麻痺後遺症のまぶた手術。目を閉じたとき

目を閉じたとき

顔面神経麻痺のまぶた手術。下方視

下を見た時

手術の問題点は「共同運動」は制御できないことです。

顔面神経麻痺の後遺症。異常共同運動。くちすぼめ

「口をすぼめる」と左まぶたが閉じてしまう。眼輪筋の異常収縮

この患者さんの特徴

おでこの筋肉の回復は40%程度です。しかし、左の眉毛が下がっていません。通常、おでこの筋肉が麻痺するとまゆ位置が下がってくるのですが、まゆを下げる筋肉(眼輪筋)の力がうまく機能していないようです。

左の上下まぶたに縦方向のシワが多いです。これは眼輪筋がひっきりなしに収縮弛緩している証拠です。

病気が教えてくれる正常な機能

眼輪筋と言っても、部分部分で機能が異なるということ。単に目を閉じる、まばたきするだけではないということ。収縮や弛緩(ゆるむ)のタイミングが大事であること。

参考

金沢が担当した顔面神経麻痺後遺症のまぶた治療を行った患者さんは25人です。ほとんどがハント症候群でした。

末梢性顔面神経麻痺後の瞼裂狭小に対する手術治療

2015.09.09

末梢性顔面神経麻痺後の瞼裂縦径狭小に対する眼瞼形成手術ー12症例の検討ー雑誌形成外科 vol.57 (5) 2014 金沢雄一郎

顔面神経麻痺

まぶた治療を考えている女性限定メール講座


眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく