TAG

顔面神経麻痺

  • 2019年11月1日
  • 2019年11月1日
  • 0件

顔面神経麻痺回復後の顔面拘縮(こわばり)で目が開かないことに対する治療はあるのか?

顔面神経麻痺の後遺症でまぶたが上がりにくくなる 顔の表情筋が動かなくなることを「顔面神経麻痺」と言います。朝の歯磨きや洗顔時に気づくアレです。或る日突然、健康な人を襲います。 ベル麻痺(原因は様々)と呼ばれます。とくに帯状疱疹ウイルスを原因とする顔面神経麻痺をハント症候群(Ramsay Hunt syndrome)といいます。 主に耳鼻咽喉科で治療が行われます。半年程度かけて顔の動きが回復します。 […]

  • 2018年10月19日
  • 2019年10月15日
  • 0件

末梢性顔面神経麻痺のリハビリは、表情筋を動かしちゃダメなのです

「ある日突然、顔の半分が動かなくなっていた・・・。なんとか動きを取り戻さないと!」 ベル麻痺やハント症候群などの末梢性顔面神経麻痺。投薬治療を受けつつも、「自分でも何かできないか」と自己流リハビリをする人がいます。動かなくなった表情筋を動かそうと必死に様々な表情をします。目をぎゅっと閉じたり、口をすぼめてみたり。 これがダメなのです。残念ながら。 栢森(かやもり)良二先生(帝京大学)の教育講演 帝 […]

  • 2018年9月28日
  • 2019年11月1日
  • 0件

顔面神経麻痺の後遺症:まぶたのこわばり(拘縮)と病的共同運動

顔面神経麻痺の後遺症でまぶたが重くなる 顔の表情筋が動かなくなることを「顔面神経麻痺」と言います。或る日突然、健康な人を襲います。 ベル麻痺(原因は様々)と呼ばれます。とくに帯状疱疹ウイルスを原因とする顔面神経麻痺をハント症候群(Ramsay Hunt syndrome)といいます。 主に耳鼻咽喉科で治療が行われます。多くの人は顔の動きが回復しますが、回復が不完全に終わる人もいます。とくにハント症 […]

  • 2015年9月9日
  • 2019年10月10日
  • 0件

顔面神経麻痺後のまぶたのこわばり(拘縮)に対する手術治療

末梢性顔面神経麻痺後の瞼裂縦径狭小に対する眼瞼形成手術ー12症例の検討ー雑誌形成外科 vol.57 (5) 2014 金沢雄一郎 ハント症候群やベル麻痺による末梢性顔面神経麻痺の回復が遅れることがあります。神経の迷入再生がおこり、患側の表情筋の過緊張と病的共同運動が生じます。特に罹患側の眼輪筋の緊張亢進により目の開きの縦幅が狭くなり、健側(病気でない方)の過剰な眉毛挙上がおこり、顔面の表情の著しい […]

  • 2013年4月12日
  • 2019年10月10日
  • 1件

末梢性顔面神経麻痺後遺の瞼裂縦径狭小化に対する眼瞼形成手術

こんにちは。金沢です。 去る2013年4月5日に第56回日本形成外科学会総会にて学会発表。 タイトルは 末梢性顔面神経麻痺後遺の瞼裂縦径狭小化に対する眼瞼形成手術ー12症例の検討ー Hunt症候群(ハント症候群)、Bell麻痺(ベル麻痺)、外傷性顔面神経麻痺などの末梢性顔面神経麻痺を生じると顔面神経の再生過程で配線ミスが起こります。 その結果、顔面拘縮、異常共同運動があらわれます。 後遺症の一番つ […]

  • 2012年7月10日
  • 2019年10月10日
  • 1件

顔面神経麻痺後遺症のマブタ治療

「顔面神経麻痺」がある日突然生じることがあるって信じられますか? ベル麻痺(Bell麻痺)やハント症候群(Hunt症候群)と言われます。片側の顔の筋肉が麻痺し、動かなくなるのです。うがいで口に含んだ水がこぼれたりして「あれ?おかしいぞ?」鏡を見て愕然とします。 通常は耳鼻咽喉科で治療を行います。 順調に麻痺が回復すればいいのですが、回復が思わしくなかった場合、再生神経の過誤支配などが生じます。目と […]