まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

広すぎる二重(ふたえ)を狭く治す他院修正

「過去に他院で手術を受けました。でもまぶたが重くて…」

美容外科でまぶたの切開を受けたあとにこのような悩みを抱える人がいます。広すぎる二重幅デザインに原因があります。

広すぎる二重幅を狭く治す

修正手術は初回手術と異なり、癒着を剥離するプロセスが必要。初回手術は手つかずのプラモデルの組み立てですが、修正手術は接着剤で組み立て上げられたモデルを解体するところから始まります。

さらに皮膚・筋肉・脂肪がすでに切除されており、部品が不足した状態での組み立て直しをする場合もあります。

つまりは初回手術よりも相当難易度の高い手術ということ。

「他院修正」とは前回までの手術が別の医師によるものであり、その修正手術のことを指します。情報不足の状態。

手術プラン

(1)まずは外見からの評価

  • 皮膚は足りているか?
  • 切開線の高さ(二重の谷間の位置)
  • 皮下組織は足りているか
  • 皮膚のやわらかさ(追従性)
  • 瘢痕拘縮

診療情報提供書による、今までの治療履歴も大事。

(2)手術中に行われる評価

  • 組織量
  • 眼窩脂肪
  • 挙筋腱膜は健全に残されているか
  • 瘢痕の硬さ
  • 癒着の程度
  • 瞼板の健全性
  • 埋没の縫合糸が奥にないか

診療情報提供書の内容や患者さんの申告は完全には信用しません(ここ大事)。様々な可能性を想定しておきます。

一番のバッドシナリオ:切開瘢痕と瞼板とが、間に組織を介在することなく直(じか)に癒着している場合。組織不足と瞼板の歪み、そして眼窩脂肪が切除(まぶたの厚ぼったさを減らす目的)されているのが観察される。挙筋腱膜も離断されてひっこんでしまっていることも。

注)前医の手術を否定する意図はありません。その時点で患者さんが求める最大の結果を出そうとベストを尽くしていると思うからです。

手術手技

「切開線の高さが高すぎる」

これが美容手術系の問題です。二重幅を広くしたいという思惑でおこる現象。

二重の谷間部分は奥に滑り込みますよね。滑り込むためには眉下の皮膚のゆとりが必要なのです。しかし高いところで切開されていると滑り込む皮膚が足らずに目を大きく開くことができません。

手術デザインで二重の谷間をまつ毛より(低く)に新しく作ります。元の二重の谷間の瘢痕は残し、谷間が滑り込むための皮膚の足しにします。

二重のデザインをせまく
二重の谷間から眉までの距離を確保(青いライン)

はじめに眼瞼挙筋を探します。ここが出発点に。それからミュラー筋の癒着の程度や眼窩脂肪などの評価を行い修復していきます。

手術の骨格(本筋)は「眼瞼下垂手術」です。挙筋腱膜の連結を復元し、目を開くときに二重の谷間が滑り込むよう機能的な二重(ふたえ)の作成を目指します。

そして最後の難関。

新しい二重の谷間を作成するにあたり、古い二重ラインが消失してくれるのかという問題です。

二重の谷間の癒着を無事に剥離できたとしても、その部位直下の組織が不足している状態にはかわりがありません。またそこで折れてしまうのでは?という懸念があります。

そのとおりです。

だから眼窩脂肪などクッションになる組織を充填します(しかしそれもかなわないことも)。

そして新しい機能的な二重部分での吊り上げ処置(一週間)を行い、古い二重の癒着を防止します。

参考記事:『眉への吊り上げ法。眼瞼下垂手術後の予定外線予防のために』(内部リンク)

新しい二重の谷間が“機能”するようになると、なぜか過去の二重の谷間が浅くなっていく現象が観察されます。

この点は私の想像(期待)を超えており、救われる部分です。(ただ新しい二重の谷間が機能しないとこの限りではない)

本来あるべきカタチのほうが安定するということのようです。

手術の結果の見込み

あらかじめ手術の効果がどの程度見込めるのか?という問い。

上の(2)に記載した通り、開けてみないと評価できない項目が多いです。加えて、新しい二重(ふたえ)が定着してくれるかどうかについても不確定です。

つまり「やってみないとわからない」。

卑怯な言葉で申し訳なく思います。しかし「絶対良くなる」という表現は医師として不誠実だしになります。

思ったような結果が得られないこともあります。生じた結果を受け入れる心の余裕も必要です。場合により複数回の手術が必要になり長期戦になる覚悟も。

お互いベストを尽くし、天命を待ちましょう。

他院修正モデルケース

モデル1

術前の二重の谷間をご覧ください。眉までの距離がすこぶる短いです。

しかも食い込み感があります。いわゆる「ハム目」と呼ばれる状態。

ハム目とは?ボンレスハムや焼豚のタコ糸のように縛り込んで食い込んでいるようにみえる二重(ふたえ)です。

まつ毛よりに「新しい二重の谷間」をデザインして切開しました。術後一週間「つり上げ処置」を行いました。術後7ヶ月以上経過しています。

他院修正 新しい二重の谷間
新しい二重の谷間をデザイン。古い瘢痕はそのまま残す
他院修正
二重幅を狭く修復

まぶたの重たさが解消され、またいわゆる「整形ぽい目」が緩和されたようにみえます。

モデル2

他院修正
高すぎる切開線と眼瞼下垂

切開線が高すぎます。二重の谷間から眉までの距離が短すぎ。一方切開線の食い込みはありません。皮下組織が比較的残されている可能性が期待されます。

他院修正 手術デザイン
青いラインの距離を稼ぎたい

新しい二重の谷間をデザインします。青のラインの長さを確保したいので古い瘢痕は切除しません。

術後はつり上げ処置を一週間行いました。現在術後3ヶ月です。(経過を見ている途中です)。

他院修正3ヶ月
術後3ヶ月。傷はまだ落ち着いていない

3ヶ月の時点で安定しており、古い二重の谷間は折れずに平坦になっています。私自身はこれで安定すると予測します。

なぜ「安定する」と予測できるのか?

新しい二重の谷間のほうが機能的だからです。例えば「ほうれい線」。これは筋肉の働きによって生まれる谷間です。だから消えません。一方ほうれい線の5ミリ外を切開して瘢痕を作っても谷間にはなりにくいです。それは動きと無関係で機能的でないから。

本来あるべきカタチのほうが安定するということ。

また後日経過をご報告いたします。

サイト内参考記事

他院修正はお断りされることが多いです。その理由を解説。参考記事:『眼瞼下垂の他院修正手術はなぜ敬遠されるのか?執刀医視点で解説』

外科医はより多くの術式や手技を知っておく必要がある。それは術式特有の合併症、トラブルがあるから。参考記事:『眼瞼下垂の他院修正:術式を瞬時に理解することが必要』

 

他院修正に挑む外科医のマインドセット

外科医が何を考えて戦略を紡ぎ出すのか。その思考の一部を紹介します。

あとがき

修正手術を手掛ける上で思い知らされるのが初回手術の重要性です。皮膚を取りすぎないこと。組織を切除しすぎないこと。極力低侵襲に留めること。「過ぎたるは及ばざるが如し」とは言われますが、「及ばざる(物足りない結果)」の方が圧倒的により好ましいです。

関連記事

「金沢先生の売り、特徴って何?」手術が上手いの?経験豊富だから安心なの?スペシャルな手技を持っているの?医師選びで迷っている患者さんからよく問われる命題です。はてさて、なんだろう?内省、自己分析しました。手術が上手下[…]

マインドセット

 

尚、当記事は特定の手術をプロモートするものではありません。まぶたの生理学を追究するものであり、いち形成外科医が考察する雑記であります。皆さんと情報を共有し、まぶたの真理を追究することが目的です。手術自体はリスク(出血、傷が残る、左右差、違和感など)があり、慎重に検討されるべきです。

CTA20230626

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
ハム目を治す
最新情報をチェックしよう!