80歳以上でも眼瞼下垂手術は可能

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。

「もうこの歳まで生きてきたし、このままでいいかなあなんて…」

こうやって悩んでいる人に限って、重度の眼瞼下垂。機能的な視力を失いつつあります…

手術の怖さもあるのでしょう。

しかし、最近の80歳の方は若いです。まだまだ社会で現役です。

チャンスはありますよ。

80歳以上の眼瞼下垂手術

加齢性の眼瞼下垂は、いわゆる挙筋前転法で治療を行います。

しかし、高齢者の場合、その術式で効果が十分に得られない場合があります。その要因は、高齢者の眼瞼下垂の特徴にあります。

  • 眼瞼挙筋の筋力が衰えている(脂肪変性してしまう)
  • 眼球が落ち窪む結果、挙筋の長さが余る
  • 挙筋が周囲の組織と癒着し、滑りを起こしにくい(長期間使っていなかったため)

こちらの記事にもまとめています。

関連記事

眼瞼下垂の原因は、挙筋の連結の緩みだけではない目が落ち窪むことが原因高齢者の眼瞼下垂では、眼瞼挙筋の連結が緩んでいない人も割と見らる事実。腱膜が外れていないのに、なぜまぶたが下がるのでしょうか?骨格が萎縮し、眼窩容積が大きく[…]

ベルト

「効果が十分に得られない」とは、「眼瞼の挙上(目の開き)が不十分」という意味です。黒目の露出の仕方が不足ともいいます。

しかし、ここで失望する必要はありません。

加齢により、目が落ち窪んでくると、そもそも目は小さくなります。縦方向だけでなく、横方向も。

だからパッチリになる必要はないのです。

黒目の中の瞳孔が少し出てればOK。

MRDは2mmあれば十分です。関連記事『まぶたの開き具合を測定する。MRD(エムアールディ)』

横幅が小さいのに、縦幅だけは若い人と同じにしたら、目が縦長になってしまいますよね。

縦横の比率は同じにすべし。

眼科医からは、「形成外科医は目を大きく仕上げすぎだ」と指摘されます。目を保護する機能としての、まぶたの存在を忘れてはいけません。

眼瞼下垂手術は高齢者に有効なのです。ただし挙筋前転で、期待したほどにまぶたが挙がらないということもあり得ます。その場合は筋膜移植術も検討されるでしょう(実際にそこまで選択する人はレアです)。

高齢であることのリスク

さて、有効と分かっても「リスクはないだろうか?」ここは気になりますよね。

確かに、加齢によって体の組織はすべて衰えます。傷の回復にも時間がかかります。その点は残念ながら否定できません。

さらに、臨床上の問題点として、

  • 手術の内容を理解するのが億劫
  • 患部のケアが疎かになる
  • 複数の持病を抱える傾向(内服薬が多い)

その点では、ご家族の協力もあると助かります…

手術を受けるメリット

視野が広がることによる、生活の質の改善です。想像してください。ピンホールのメガネで生活することを。

だんだん活動性が低下してしまうのです。

眼瞼下垂術後から元気になる高齢者がいます。今まで手を引いてもらわないと歩かなかった方が、元気に一人で歩き出すのです。家でずっとウトウトしていた方が、新聞や本を読み出したのです。

普段の活動性の低さに、認知症のレッテルを誤って貼られていた患者さんもいました。それが、術後から活発になりました。

見かけ以上の大きなメリットがあるのです。

繰り返しになりますが、本人の希望がなければ手術はすべきではありません。

高齢者はかかりつけの眼科を持とう

白内障、緑内障、鼻涙管の通過障害、結膜弛緩…目周りのトラブルが多くなります。豊かな生活を送る上で大事な機能です。かかりつけの眼科を持つことは大事ですよ。

モデル患者さん

右まぶたのみの下垂。80代です。

眼瞼下垂治療後に顔のバランスが整った
顔のバランスに注目

概ね良好な経過ですね。実はこのケースからわかることが2点あります。

  • 逆ヘリングの法則
  • 表情筋バランス

術前状態では、ヘリングの法則により、左の目の開きが強くなっています。左に余分にチカラが入ってしまっています。これは、左まぶたにも「挙上せよ!」というシグナルが届いているんです。

術後はチカラが緩みました。ヘリング効果が如実に現れています。

関連記事『片方の眼瞼下垂症手術。ヘリングの法則を予見することが大事。』

そして、表情筋のバランス。右の下垂で右の表情筋の緊張が高まっています。右の法令線が深く、口先が右方へ偏位しています。それが術後は改善していますね。

 

まとめ

以上、

  • 眼瞼下垂手術は80歳超えてもできる
  • 若い時のような目の開きは不要
  • 実際のモデル症例

を提示しました。

さて、あなたは、

  • 眼瞼下垂が活動性を低下させるって知っていましたか?
  • 眼瞼下垂手術に年齢の上限はあると思いますか?
  • 近くに通える眼科はありますか?

まぶたって意外に見落とされる加齢現象かもしれません。

その他の高齢者のモデルさんは次のページへ

CTA

「眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではない」ってご存知ですか?

あなたのカラダは乗り換えのできない唯一の一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\1週間だけ集中して講座を受けてみませんか?//

メール講座のご案内はこちら!

「さらに詳しい情報をしっかり学んでみたい」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

高齢者の眼瞼下垂術前術後
最新情報をチェックしよう!