CATEGORY

その他

  • 2024年3月28日
  • 2024年6月12日
  • 0件

公開質問(意見)箱アーカイブ:シリーズ2

質問箱の回答をします。誠心誠意お役に立てるようお答えしたいと思います。新しいものが上になるように更新します。本記事は続編です。質問(意見箱)アーカイブシリーズ1 質問ご意見フォーム 先生こんにちは。昔埋没していて、左は埋没線より広く三重になっていて、右目はまぶたにたるみができて、少し幅が狭くなり左右差がひどいです。たるみのある右目の方が特に嫌で前髪を流して隠しています。三重を治すのと、たるみの出た […]

  • 2024年3月10日
  • 2024年5月8日
  • 0件

公開質問(意見)箱アーカイブ:シリーズ1

質問箱の回答をします。誠心誠意お役に立てるようお答えしたいと思います。新しいものが上になるように更新します。 質問ご意見フォーム この記事には続編があります。アーカイブシリーズ2はこちら 1ヶ月前に初めてボトックスを打っていただいたものです。次に受診するのはどのタイミングが良いのでしょうか? まずは1番効いてる(はずの)今です。効果を評価したいです。不足か?過剰か?部位は適切か?時間を作っていらし […]

  • 2017年8月4日
  • 2020年6月16日
  • 0件

まぶしい太陽光の下でサングラスをかけない?身体が疲れて老けこみますよ〜

眉間にギュッとシワを寄せて闊歩するあなた… 「まぶしい!」 ですよね。ギラギラ照りつける太陽は身を焦がします。 そんな炎天下に、サングラスをかけずに歩いている人の多いこと多いこと。(埼玉県は年間の快晴日が日本で一番多い) サングラスの目的って おしゃれ まぶしさを軽減する だけ、と思っていませんか?「自分は眩しさを我慢できるもんね」なんて思っていませんか? サングラスは人体そのものを保護している […]

  • 2017年7月25日
  • 2020年6月16日
  • 0件

酒井形成外科と提携。22年の実績と充実の新しい設備!

形成美容外科で長年の実績を誇る「酒井形成外科」 院長の酒井倫明(さかいみちあき)先生はダンディーな形成外科医 昭和大学出身です。昭和大学形成外科教室で初代教授鬼塚卓也先生に師事しました。昭和大学形成外科といえば口唇口蓋裂などの先天異常の治療を発展させた教室です。 口鼻の手術が非常に多いのが昭和大学形成外科の特徴です。その技術を生かして美容外科に身を捧げました。 「治療によって客観的な外見の水準が明 […]

  • 2017年6月5日
  • 2020年6月16日
  • 0件

まぶたの重さに対してボツリヌス毒素注射を

そこのあなた、しかめ面になっていませんか? ボツリヌス療法 A型ボツリヌス毒素 顔面けいれん、眼瞼けいれん、斜頸、拘縮、斜視、多汗症の治療に利用されています。日本で承認されてから、かれこれ20年くらいになる実績のある治療薬です。 ボトックスの薬理作用 神経終末からのアセチルコリンの放出を抑えて、筋肉の収縮を促すシグナルが筋肉に届かないようにします。その結果、筋肉を弛緩させます。 3,4ヶ月で神経支 […]

  • 2016年2月10日
  • 2023年12月11日
  • 0件

眼瞼下垂症の記録写真で使われるべき画角。スマホの自撮りはダメ。

スマートフォンで自撮りしますか?自撮り棒も流行し、自分を撮る楽しみができました。最近では術後経過を自分のスマートフォンで撮影して保存し、その経過を教えてくれるヒトも出てきました(大変ありがたいことです)。一方スマートフォンは基本設定では画角が決まっており、35mm換算で焦点距離20~30mm台の物が多いようです。スマホで撮影した顔と、本ブログに表示される写真の見え方がおおきく異なることに気付かれる […]

  • 2014年12月28日
  • 2019年8月4日
  • 0件

セキュリテイをアップグレードしました。SSL化です。

http://からhttps://に変更しました。 当サイトはクレジット情報をやり取りをするわけではないのですが、念のためSSL化しセキュリティをアップグレードしました。 皆さんにとって、何となく安心感が出たのではないでしょうか? とは言え、システムをいじったので表示に不具合が出ることも予想されます。もしご面倒をおかけしたら申し訳ございません。差し支え無ければご指摘いただけると幸いです 😉

  • 2013年12月24日
  • 2020年5月21日
  • 0件

キズの赤み

こんにちは金沢です。     christmas in austin / pixajen 丁度冬至を過ぎて闇の時間が最も長い時期となっています。 個々の住宅のライトアップされたクリスマスの照明がチカチカと瞬いてます。 暗い中でより一層映えますね。 新しい年を迎える胸騒ぎを覚えます。 さて クリスマスカラーと言えば 「赤」 形成外科手術で傷の赤みがとても長引くことがあります。 手 […]

  • 2012年6月12日
  • 2019年1月10日
  • 0件

眼瞼下垂手術で、局所麻酔に使う針と麻酔薬

こんにちは、金沢です。 形成外科手術の90%は局所麻酔で行われます。 (全身麻酔の時も局所麻酔を併用します。)歯医者さんと同じです。局部麻酔と言われることもあります。 局所麻酔といえば怖いのは痛み。ギュッと手に汗握りますね。 注射の針 写真の一番上から22ゲージ、23ゲージ、30ゲージの注射針です。ゲージは太さの単位です。大きい数字ほど細いです。22,23ゲージは採血に用いられる太さです。30ゲー […]