眼瞼下垂手術でパッチリ目に仕上げない理由

眼瞼下垂の手術をするなら・・・・・

せっかく眼瞼下垂の手術をするなら大きくしてもらう?
せっかく眼瞼下垂の手術をするなら大きくしてもらう?
名無し
せっかくだから元気な目にしたい!もっともっと大きな目にしたい!

私の回答は「No」です。

それはなぜか?

眼瞼下垂の手術の後に「目のツッパリ感」を感じる人がいるからです。他院で治療を受けた患者さんから相談を受けることが多いのです。

peing質問箱に寄せられた公開質問
peing質問箱に寄せられた公開質問

眼瞼下垂症手術では目を大きくしすぎないように注意

まぶたが開かれる時、綱引きが起きている

まぶたを開く時、眼瞼挙筋が収縮してまぶたを引っ張り持ち上げます。一方、まぶたが閉じる方向に働く抵抗もあるのです。

ゴムを引っ張ると縮んで戻ろうとしますよね。まぶたも同じです。開きすぎると元に戻ろうとするチカラが働くのです。まぶたの緊張がフリーな状態は薄目が空いている状態(視線は下向き)。

それよりも大きくなると、目を閉じる方向の抵抗が生じます。(逆に目を閉じると目を開ける方向の抵抗が生まれます)

目を大きくするほど抵抗が強くなります。スタートラインから3ミリ持ち上げるのに必要なチカラを3としたら、そこからさらに2ミリ持ち上げるのに「10」のチカラが必要になります。そんなイメージ。

だから、目を大きくするというのは抵抗に打ち勝ってまぶたを持ち上げるということになるので、負担が大きくなるのですね。

とくに「ギョロ目になって、違和感(ツッパリ感など)がつらい」と訴える患者さんは挙筋の前転が強すぎるのです。目が開きすぎるので、目を閉じる筋肉(眼輪筋)が不随意に(勝手に)収縮します。

それだけで、「綱引きが起きている」ということが分かりますよね。その綱引きをツッパリ感に感じるのです。

以上の理由から「目は大きくしすぎないこと」に注意を払うのです。どちらかと言えば低矯正かなあ(もう少しあげてもよかったかなあ)というくらいに仕上げたいのですね。

金沢のイラスト
かなざわ
というのは私個人のこだわりです。軽いチカラでまぶたが持ち上がるようにすることが大事なのです。大きなチカラを動員するのは本末転倒なのです

低矯正(控え目)に仕上げることのリスク

左右差です。軽いチカラでまぶたが上がるということは、眼瞼挙筋のチカラのわずかの差が「まぶたの開き加減」に影響するのです。

チカラを入れた時、抜いた時、様々なまぶたのポジションがあるのです。それが自然なんです。わずかなチカラの差で表現できるというのは魅力ですよね。

一方、左右差は避けられません。

左右差を無くしたかったら、目を大きめに仕上げるのが確実なのです。多少のブレーキを感じながら目を開くイメージになります。

実際のモデル患者さん

眼瞼下垂術前後の写真
穏やかな仕上がりでしょ?

皮膚切除なし。シンプルな挙筋前転法(腱膜固定)による眼瞼下垂手術です。一見するとちょっと下がり目かな?と感じますが、無難な位置なのです。一番チカラが抜けてリラックスしているのが分かりますね。

ツッパリ感が感じられにくい仕上がりになります。

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG