まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

眼瞼下垂の手術動画〜若手の形成外科医師向け

眼瞼下垂症手術(挙筋前転法)の手術動画

と一言でいっても術者により多種多様。インターネットには術式動画が複数見られます。

あくまでいち外科医の手術です。良い悪い、優劣、すべきすべきでないを議論するつもりはありません。

また医学技術は進歩するもの。日々アップデートされるから少なからず技術も陳腐化するものです。

しかしながら本質は変わりません。

2017年と2022年の手術動画。比較することで見えてくるものもあるかもしれません。

そして2022年の動画はノーカット版。美容外科学会にて110分の講演に使用したもの。あえて削ぎ落とすことをせず、かつ私のコメントを控えることによって伝わることがあると信じます。自由にスキップしながらご覧ください。

重要:手術の内容はケース・バイ・ケース。個別に合わせたデザイン、手術内容です。万人に適用されるものではありません。

2017年の動画 ハイライト編集によるダイジェスト版

眼瞼下垂手術の要点をまとめたもの。これら動画に視聴制限を設けており、YouTubeでのみご覧になれます。初心者向け。

(1)皮膚切開から挙筋腱膜を露出するまで

パート1

(2)挙筋腱膜の処理

(3)腱膜固定から皮膚縫合まで

パート3

 

2022年の動画(ノーカット版)

組織切除は一切ありません。

(1)局所麻酔

パート1

(2)皮膚切開から腱膜固定まで

パート2

(3)皮膚縫合と結果(1年後)

予定外線を予防する処置を途中で行っています。

https://amzn.to/3HTOSjK

この書籍で紹介しているのでこのシーンだけ削除させていただきました。 この書籍をお持ちの人に見せてもらってくださいませ。

見学医師からのよくある質問

Q. 皮膚切除はしないのですか?

A. 眼瞼下垂の本質は後葉です。後葉修復ファーストです。 (前葉を整えるのはオプションとしては当然ありです。)

 

※モデル協力いただいた患者様に心より感謝申し上げます。

CTA20230626

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
パート2
最新情報をチェックしよう!